「教科書には載っていない! 戦前の日本」武田 知弘

| コメント(0) |

教科書には載っていない!  戦前の日本(文庫版)

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■この本では、戦前として
 昭和元年~14年を中心に
 記載した一冊です。


 アジアからの留学生が街を歩き、
 ミルクホールで不良が牛乳を飲み、
 電気が普及してきた時代。


 西欧の植民地にならなかった
 先人の気概が素晴らしいと
 感じました。


・大正5(1916)年になると、
 東京や大阪で80%、
 全国では40%の家庭に電気が
 行き渡っていた(p100)


■その一方で、財閥が資本を独占し、
 労働者と資本家が別れ、
 貧富の差が激しかったようです。


 家には雷親父が鎮座し、
 風俗は合法であり、
 貧民街があった。


 今の日本の中間層が厚いのは
 敗戦の財閥解体とインフレにより、
 すべての人が0から
 スタートしたからでしょうか。


・終戦時、4大財閥は、全国の会社の
 払込資本金のおよそ50%を占めていた(p197)


■歴史というのは、
 こうした「へっー」から始めると
 本来の楽しさが分かるんだなあ、
 と思いました。


 良い面も悪い面も、
 すべての風俗の中で、
 歴史が作られていくのです。


 武田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・当時は男性の性に限っていえば
 今よりも寛容だった。そのため、
 男の子が15、6歳になると、親や親せきが
 「筆おろし」に連れて行くなどということが
 平然と行われていた(p21)


・これらの風俗カフェは深夜営業もしており、
 女給は喫茶店のウェイトレスというよりも、
 キャバクラ嬢に近いものだった。 
 店からは給料は出ず、客のチップだけが
 収入源だった。(p28)


・昭和3年の綿製品の輸出量は
 イギリス製品と比べると37%程度だった。
 それが昭和7年には92%と肉薄。
 4年後には完全に追い抜いている(p81)


・新幹線は、戦後になって企画立案された
 ものではない。実は、計画自体は戦前に作られ、
 着工のゴーサインまで出ていた 
 プロジェクトだったのである(p111)


・小学校は16の等級に分かれ、
 半年に1回行われる試験に合格しないと
 進級できないシステムになっていた。
 教室内の席順は成績順になっており、
 試験の成績に応じて変更された。
 成績の順位などのことを「席次」
 というこがあるか、それはこの頃の
 なごりなのである(p129)


・昭和4年頃、日本石油や日本郵船といった
 大企業では、課長クラスで年収1万円・・
 現在の貨幣価値に換算すれば、年収
 5000万円ほどになるだろうか(p153)


・戦前にあって戦後にはなくなったものに、
 残飯屋というものがある・・
 戦前は、貧富の差が激しく都市のいたる
 ところに貧民街があった(p202)


・幕末から明治にかけて、金光教や神道本局、
 神理教、天理教、大本教といった教団が勃興し、
 大正から昭和初期にかけては
 ひとのみち教団(現・PL教団)、霊友会、
 世界救世教、成長の家、立正佼成会、
 創価学会といった団体が生まれている(p226)
 

教科書には載っていない!  戦前の日本(文庫版)
武田 知弘
彩図社 (2016-01-15)
売り上げランキング: 26,962

【私の評価】★★★☆☆(75点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第一章 不思議の国「戦前の日本」
第二章 本当は凄い! 戦前の日本
第三章 古くて新しい戦前の暮らし
第四章 熱く迷走する戦前の日本



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)