「メンタリング・マネジメント」福島 正伸

| コメント(0) |

メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術

【私の評価】★★☆☆☆(69点)


●私の座右の銘は、
 「過去と他人は変えられない。
 未来と自分は変えられる」です。


 他人を変えるためには、
 自分が変わるしかないというのは、
 人の世の真理でしょう。


 ・得るものを変えるためには、
  まず与えるものを変えれば良い
  他人を変えたければ、自分を変えれば良い
  人を育てたければ、自分が育つ姿を
  見せることである(p3)


●この本は、いかに自分が変わることが大切か!
 ということを徹底的に教えてくれる一冊です。


 著者の経験を織り込みながら、繰り返し繰り返し、
 自分が成長することの大切さを説いています。


 ・忙しくて人材を育てる時間や余裕がない、
  と言う人がいますが、
  私たちは好むと好まざるとにかかわらず、
  毎日自分の生き方で
  人を育ててしまっているのです。(p126)


●この本では、目指すべきものとして、
 自立型人材と言っています。


 自ら成長していく自立型人材は、
 自ら目標を持ち、
 自らを鼓舞し、
 自ら努力していくのです。


 ・自立型人材の四つの視点
 (長期的、全体的、根本的、多角的)(p60)


●心が前向きになる一冊でした。


 ちょっと迫力不足だったので、★2つとします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「実験がうまくいかないほど、うれしくなる。
  これだけうまくいかないのならば、
  世界中の技術者も簡単にはうまくいかないはずだ。
  ということは、もし開発できれば
  誰も真似できない技術になるに違いない。
  (大手企業の技術開発部長)(p39)


 ・やる気を起こし、その気持ちを維持する習慣を
  身につけておくことが大切なのです。
  それは夢を確認する習慣です。(p45)


 ・私は問題が起きた時には、
  心の中で一言つぶやくことにしています。
  「この時を待っていたんだ!」、
  あるいは「この時のために
  準備してきたんだ!」と。(p42)


 ・部下を見れば上司がわかる(p115)


▼引用は、この本からです。

メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術
福島 正伸
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 7,265

【私の評価】★★☆☆☆(69点)



■著者紹介・・・福島 正伸
 
 1958年生まれ。84年ビーボード設立。
 85年青年企業家協会設立、会長就任。
 88年会社就職予備校(現アントレプレナーセンター)設立。
 94年アントレプレナー大学創設。
 専門は、自立型社員による組織活性化支援、新規事業支援、創業支援。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)