本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章」天外 伺朗

(2006年9月 4日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章

【私の評価】★★★★☆(88点)


●著者は、フィリップスとのCDの共同開発、
 さらにロボット「AIBO」の開発において、
 「フロー」状態といえるような
 燃える集団を経験したといいます。


 初期のソニーはどこの部署も燃える集団であり、
 それは当たり前のことでしたが、
 最近はそうした傾向が少なくなってきたことで、
 著者は逆に、「燃える集団」の効果に
 気づいたといいます。


●そうした燃える集団を作る条件は
 何なのでしょうか?


 それは、チームの自律度であり、
 終身雇用という仕事に打ち込める環境であり、
 仕事が報酬であるという価値観であり、
 適切な目標の設定が必要なのです。


・(チクセントミハイ)チームが燃えるにはどういうことが必要だと思う?・・・私は、「チームが自律的に、何でもデシジョン(決定)できることだ」と答えた。(p36)


●社員が自ら熱心に仕事を進める燃える職場こそが、
 幸運を引き寄せ、驚くような成果を
 達成するというのが、
 著者の伝える「運命の法則」です。


・もっとも真剣に準備した人のところに強運が訪れる。(p161)


●燃える集団ソニーを経験した著者の教える
 「成功のコツ」には
 不思議な説得力がありました。


 ★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・生命を賭すほど魅力的なフロー状態に入るためのひとつの鍵が、自分自身の技量と、挑戦すべき岸壁の難易度のバランスにある。岸壁が易しすぎると、倦怠、退屈を生み、難しすぎると心配、不安を生み、ともにフロー状態に入れない。(p32)


・直感的かつ簡潔に表現したのが、「運命に貸しを作る」という言葉だ・・・ついていないときに、落ち込まなくてすむし、ついているときに、有頂天になって思い上がることを防いでくれるからだ。(p105)


・自分の直感を信じて、自分の責任でズバッと評価しろ、ということだ・・・「不純な、よこしまな動機で、評価に歪みが入ると、結局はめぐりめぐって、自分のところに返ってくるよ」(p91)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(88点)



■著者紹介・・・天外 伺朗(てんげ しろう)

 1942年生まれ。ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所所長。大学で電子工学を専攻した後、ソニー研究所入所。フィリップスと組みCDを共同開発する。ワークステーションNEWS、ロボット「AIBO」の開発責任者。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: