人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ボロボロになった覇権国家」北野 幸伯

2005/02/03本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボロボロになった覇権国家(アメリカ)


【私の評価】★★★★★(93点)


要約と感想レビュー

●これだけ歴史の本や小説を読む私でも、
 学校での歴史の授業は嫌いでした。


 それは、歴史の授業といっても、
 単に過去にあったことを暗記し、
 年号を暗記するだけだったからです。


・第二次大戦前、日本はアメリカの計画どおり、徐々に追い詰められ、包囲され、先制攻撃を行うように誘導されていきました(p215)


●そのような授業を受けるくらいなら
 司馬 遼太郎の文庫本を読んでいた
 ほうが、ずっと楽しく、
 興味深く歴史を考えることができたのです。


 「歴史」は重要な知識ですが、
 それをどうとらえるのか、
 ということはそれ以上に重要です。


・この国がなんとか回っているのは、ドルが基軸通貨だから。他の通貨が基軸通貨になると、アメリカは間違いなく滅んでしまいます(p41)


●それは「現状」をどう認識するのか、
 ということでもあります。


 卒業生の半分は外交官、半分はKGBという
 ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学を卒業し、
 カルムイキヤ自治共和国大統領顧問になった
 著者の国際関係の見方には一見の価値があります。


・一方的な見方をしてはいけない。真実は立場によって異なるから、多角的な見方をするようにしなさい(プーチン大統領のブレーン)(p16)


●本のレベルとしては、メルマガ
 『ロシア政治経済ジャーナル』の2倍
 面白いと思えばいいと思いますので、
 買うことを考えた人はメルマガの
 バックナンバーを参照してみてください。


この本で私が共感した名言

・アメリカは、理由があるから戦争をするのではない。戦争をしたいから理由を探すのである。(p31)


・日本は「独立国家」ではない。日本は「アメリカ幕府の天領」なのです(p213)


・日本はアメリカにとって、とても大切な国です。経済面では、日本からの資金が止まれば、アメリカ経済は明日にでも崩壊する・・・ですから、アメリカのいうことに100%反対したり100%聞いたりする必要はないということです(p248)


・アメリカ政府は、意図的に、アメリカ本土が攻撃される代わりに日本が攻撃されるように、軍を再編成している。(p254)


・国が自滅したり、衰退したりする主な理由は、「経済が破綻すること」なのです。もっと具体的に言うと、「財政が破綻する」(p52)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★★(93点)



著者紹介

 北野 幸伯(きたの よしのり)・・・1970年生まれ。国際アナリスト。ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学卒業後、プーチン大統領の元ブレーンとともに日露ビジネスコンサルティング会社IMT設立。1999年からメールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」を発行。イラク戦争、北朝鮮情勢、次はイランなど次々と予測を的中させる。モスクワに28年滞在。2018年、日本に帰国


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: