「心理学が使える人が成功する―仕事と人間関係69のテクニック」渋谷昌三

| コメント(0) |

心理学が使える人が成功する―仕事と人間関係69のテクニック (PHP文庫)

【私の評価】★★☆☆☆(69点)


●どんなによい考えを持っていても、
 相手にその気持ちが伝わらなかったら、
 相手はけっして評価してくれません。


 逆に、誤解を受けるような行動をすれば、
 信頼を落とすことにもなりかねません。


●そういうことを考えると、どのように相手に伝えるか?
 ということは、心の持ち方に優先するほどのものであって、
 真剣に学ぶべきものだと思うのです。


・会議のとき、部下の名前をきちんと呼んだり、
 参加者に名指しで発言を求めたりすることができれば、
 それだけで相手の気持ちをつかむことができるはずだ。(p197)


●ちょっとした工夫で、
 効果が十倍になったりするのです。


 心理学を活用するノウハウを
 学ばない手はありません。


・司会や余興を頼むときは、
 出演料を最初の段階で値切る。
 予算が十万円しかないときには、
 「これだけしか出せないんです」と言って
 七万円で了承してもらう。
 当日、仕事の前にそれを渡し、
 残りの三万円をお車代として
 別の袋に入れて渡す。(p30)


●心理学とは学問というよりも、
 相手を人間として理解し、相手に合わせた
 対応をする技術といえると思います。


・(原敬は、)最初の会う人には、
 「あなたとは、どうしても最初に話したかった」
 と言い、最後まで待たせた人には、
 「あなたとは、最後にじっくりと話したかった」
 と言ったそうである。(p56)


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・上手に相手のからだに触れると
 好印象を与える(p18)


・落語家協会の五代目柳家小さん元会長が、
「自慢話はするな、自分の失敗談を話せ」と
 対談のノウハウを語っていた。(p46)


・リンカーンは、話の最中によく黙ったそうだ。
 相手の心に強く印象づけたい話の箇所になると、
 まずからだを乗り出し、相手の目を一瞬じっと見て、
 あとは黙ってしまう。こうした沈黙には、
 相手の注意を引きつける効果がある。(p62)


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)