「採用の超プロが教えるできる人できない人」安田 佳生

|

採用の超プロが教えるできる人できない人 (サンマーク文庫)

【私の評価】★★★☆☆(73点)


●読みやすい本です。


著者はコンサルタントとして有名らしいのですが,
基本的に読ませるのがうまいのでしょう。


ちょっと刺激的な表現で、
正しい考え方を教えてくれる本だと思います。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「カツノリ」は「古田」になれない


・新入社員の周囲に配すべき人間は,
「まだまだ足りない」という自覚を持って
仕事に取り組んでいる人間である。


・人生の目標バーの高さが大事になってくる。
 ・・・結局は,高いモチベーションを保ちつつ,
 バーを越えようという人生設計図を
 持っている者が勝つのである。


・少なくとも上位五パーセントくらいに入る人でなければ
 部下を持つ資格はない


・「みんなで考える」ことに価値はない


・そろそろ自覚しなくてはならない。
 日本は不景気なのではなく,
 人材レベルが下がっただけなのだ。


・私は夢を実現させるために,
 まず達成予定日を決めてしまう。
 そして,その日に達成するためには,
 具体的に何をすべきなのか,
 プロセスを明確にしてしまうのだ。


採用の超プロが教えるできる人できない人 (サンマーク文庫)
安田 佳生
サンマーク出版
売り上げランキング: 46587
おすすめ度の平均: 3.0
1 筆者の業務範囲を考えてから参考にすべき。
3 採用にはフォーカスしていない
1 タイトルを「採用経験者が教える無難な人の見分け方」にした方がしっくりくる
4 採用に関係ない人でも読める
5 面接の採用者の目を知ることができました。

【私の評価】★★★☆☆(73点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)