「採用の超プロが教える仕事の選び方人生の選び方」安田佳生

|

採用の超プロが教える仕事の選び方人生の選び方 (サンマーク文庫)
【私の評価】★★★★☆(80点)


●前に読んだ「採用の超プロが教えるできる人できない人」は
 ★★★でしたので、大躍進ですね。

 著者の考え方と波長が合うようです。
 その波長をうまく言葉にしてくれて、
 あっ、そうだよな、と思わせる内容でした。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分が本当に手に入れたい目標のために自分の時間、
 つまり「命」をかけることのできる人が、
 生き方のセンスのいい人といえるのである。(p27)

<この世は価値を測る単位が2つあります。
 それはお金と時間です。この2つは全く異なったもので、
 お金は貯めて増やすことはできますが、時間は貯めることができず平等です。
 自分の人生を評価するなら、時間で測りたいというのが私の考えです。
 生きた時間×中身で人生の価値を評価したいと思います>


・変われる人と変われない人との大きな違いは
 「気づく」かどうか(p60)

<「これどうなっているの?」と上司に聞かれて、
 それが「自分が報告していなかったという失敗」であると気づく人と、
 気づかない人の差は非常に大きいものがあります。
 でも、何もないところから「気づく」ことは難しいことです。
 本を読む効用は、この気づきにあるのかもしれません。>


・もちろん、死んではいけないとは思う。
 しかし、死なないということは、断じて生きるための目的ではない。
 大事なことは、「何のために死なないか」だ。(p173)

<よく百歳までいきたいという人がいます。
 私は、百歳まで何のためにいきたいのですか?と
 聞きたくなりますが、人間関係のために聞きません。
 私は「○○をしたい。したがって、二百歳までいきたい」
 という人のほうが好きですね>


採用の超プロが教える仕事の選び方 人生の選び方
安田 佳生
サンマーク出版 (2003/11)
売り上げランキング: 27,212
おすすめ度の平均: 4
4 前作同様、共感できます。真っ当なことを言う本です。
4 明瞭困難
4 仕事選びは人生選び-生きることは目的ではなく手段-

【私の評価】★★★★☆(80点)


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)