★2起業ノウハウの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★☆☆☆(64点) ■カテゴリーキングとは、  新しいカテゴリーを作り、  ナンバーワンとなる商品です。  新しいものを発明するというのではなく、  スタンダードとなる製品が  カテゴリーキングです。  この本では、Airbnb、Google、Uber、  キリンフリー、キリスト教、テスラなどを  挙げています。 ■コンサルティング会社がこう...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(63点) ■ひとり社長さんなら  できるだけ経理を簡単にしたいもの。  なぜなら、経理は  利益を生まないからです。  ただ、経営を考えるために、  データは押さえておきたい。  そのバランスが  大事なのですね。  井ノ上さん、  良い本をありがとうございました。 ──────────────────────────── ■この本...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■ビジネスコーチといった職業があります。  私のイメージは、儲かる人は儲かるが、  儲からない人は儲からない。  つまり、難しい職業ということです。  なぜなら、その人と話をして、  それに価値を見出すかは、  相手次第だからです。 ・「大きく稼ぐ」ことを意識して活動して、  そこで得た利益の中から、自分自身の学びに  多...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■ウェブクルー、インタースコープを創業した  平石さんの一冊です。  ベンチャーとは、業界に革新をおこし、  場合によっては、  売却によって創業者利益を得る。  ベンチャー企業の経営者は、  ある意味、特殊な職業なのでしょう。 ■成功の秘訣は異質な人を集めることですが、  対立が強まると逆効果になることも  あるとのこと...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■兼業大家さんをお薦めする一冊です。  独立はお勧めしていません。  サラリーマンを続けながら大家さんになることで、  余裕のある生活が期待できるからです。  リタイヤしてみると、暇で飽きてしまうとのこと。  現実とはそんなものなのでしょう。  黒木さん、   良い本をありがとうございました。 ──────────────...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■著者のヤニク・シルバーは、  米国でインターネットマーケティングの  成功者らしい。  起業術ということですが、  やはりいろいろやってみるしかない。  テスト、テスト、テスト。  そういうことですね。 ・自分のアイデアはできる限り早く発表することだ・・・  成功か失敗か、それはマーケットが教えてくれる。  しかしたとえ...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(65点) ■企業の中の新規プロジェクトでも、  中小企業の起業でも、  立ち上げるのはたいへんです。  成功するのかどうかわからない。  だからこそ、小さく実験してみるのでしょう。  この本を読んで、  自分の夢のために  役割分担を決めて頑張ってみたいですね。  安東さん、  良い本をありがとうございました。 ──────────...
続きを読む
カフェをはじめる人の本―私だけのオリジナルカフェをひらきたい!posted with amazlet at 11.03.11成美堂出版 売り上げランキング: 202350Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■喫茶店やペンションのオーナーに  なりたい人は多いようです。  イメージとしては  良いのでしょうね。 ■ただ、仕...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■17名の起業家とのインタビューです。  やはり起業のパワーは、その仕事の目的、  社会的使命を認識していることが  大切なようです。 ・やっぱり、何のために起業するかって大事だよね。  まあ最初から独立後の自分の収入の心配しているようじゃ、  ダメだと思う。(鈴木亜久里)(p97)   ■起業すると失敗するという  リス...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■サプリメントのインターネット販売で成功した著者が、  金持ち父さん風に表現すると自営業者からビジネスオーナーに  成長していく過程を教えてくれる一冊です。  最初は、毎日12時間も働いていたそうです。  収入は増えたようですが、時間に追われる毎日でした。  これは典型的な「自営業者」ですね。   ・4年前、ぼくは自分でも...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(61点) ■ベンチャー企業の考え方を教えてくれる一冊です。  ベンチャーは新しい企業ですから、  大企業と同じことをしていては  生き残れないようです。 ───────────────── ■この本で私が共感したところは次のとおりです。   ・新しく事業を始める際、必ず3年間という事業決着期間を    設けること。3年経っても芽...
続きを読む
土日社長になっていきなり年収+96万円稼ぐ法 (角川フォレスタ)posted with amazlet at 12.11.04松尾 昭仁 角川学芸出版 売り上げランキング: 94544Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■週末副業で稼ぎましょうという一冊です。  給料が減る時代ですから、  週末を活用する人もいるのでは ...
続きを読む
社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論posted with amazlet at 12.11.18イヴォン シュイナード 東洋経済新報社 売り上げランキング: 16988Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(65点) ■シー・シェパードのスポンサーでもあるパタゴニアの  創業記です。  もとは、シュイナードさんが山...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(64点) ■シニアビジネスというよりも、  起業、新規事業のアイデア集といった趣。  新しいビジネスを立ち上げるのは、  非常にパワーとアイデアと柔軟性が必要です。  一つの実験と言っていいのでしょう。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・「コーヒー豆を売る」店から「美味しいコーヒー...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■飲食店の開業3年後の生存率は2~3割程度だそうです。  飲食店こそ、弱肉強食。  儲かる人はがっつり儲かる。  だめなら、3年で撤退ですね。 ■やはり常連さんを増やす工夫が必要とのこと。  新規の顧客と常連のバランスが大切なのでしょう。  河野さん、良い本をありがとうございました。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■...
続きを読む
1 2

>月別(2002年7月~)