「心を動かす話し方」堀 紘一

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

心を動かす話し方 (SB新書)

【私の評価】★★★★☆(86点)


■年間200回以上の講演をするという
 堀さんのプレゼンのコツです。


 まず、話す内容は、
 かならずしもスゴい内容でなくても
 良いらしい。


 聞いている人が知っている話を6割、
 知らない話が4割くらいが
 ちょうど良いというのです。


 知らない話ばかりだと
 聞いている人が
 話についてこれないのですね。


・「相手が知らない話:相手が知っている話=
 :6」を私は話の黄金比(ゴールデン・
 レシオ)と呼んでいる(p19)


■そして、話をしながら、
 聞いている人を観察する。
 質問をする。


 その反応を観察しながら、
 話す内容を調整していきます。


 常に数分先のことを
 考えながら話しているという。


 これはかなりの鍛錬が
 必要ですね。


・しゃべりながらも頭の中では、
 3分くらい先をいつも考えている(p79)


■初心者は10回は練習し、
 3回は録画してみることを
 お勧めしています。


 それだけ練習すれば、
 誰でもそれなりのレベルと
 なるでしょう。


 堀さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・はじめのうちは最低10回を
 目安に練習してみることだ

 そのうち3回くらいはスマホなどで
 自分がプレゼンするところを
 撮ってみる(p121)


・起→承を後回しにして、
 転→結と結論を先に語る
 そして「なぜこういう転→結
 となったかというと、そもそも
 こういう起→承があるからです」
 という流れで展開する(p118)


・会場の前列には、その日のテーマに
 強い興味と関心を持っている
 オーディエンスが集まる。
 最前列と最前列から5列以内の4,5人を
 サンプルとしてピックアップし、
 定点観測しながら話す(p24)


・私は講演中、オーディエンスの意見を
 直接聞く
。トータル90分の講演なら、
 途中5回くらいはオーディエンスに
 話しかけて反応をうかがう(p52)


・3つの視点で深堀りして、
 それぞれを通俗的な説明とは
 違った言い方で換言できたら・・
 理解が格段に深まる(p74)


心を動かす話し方 (SB新書)
堀 紘一
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 702

【私の評価】★★★★☆(86点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 話の中身を決める4要素
第2章 話し上手は聞き上手
第3章 話し上手は "本質論者"
第4章 シーン別の効果的な伝え方
第5章 日本人と外国人を惹きつける話し方の違い
第6章 「話が上手い」と感心される人



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む