「働く女の伝わる話し方の新ルール」市川 浩子

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

働く女(ひと)の伝わる話し方の新ルール (アスカビジネス)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■話し好きの女性は、
 コミュニケーション能力が
 非常に高い。


 そんな女性が注意している
 コミュニケーションのコツを
 学びます。


 まずは、相手との
 ラポール(信頼関係)を
 築くことが大事なのでしょう。


・「ペーシング」、すなわち
 相手の話すスピード、高低、
 口調に合わせる
ことも
 ポイントのひとつです(p26)


■信頼関係がなければ、
 なにもできません。


 だからこそ営業マンは、
 お客様のところに
 日参するのでしょう。


 信頼関係ができたら、
 話し方や営業テクニックが
 生きてきます。


決定権のある人に話そう・・
 なかなか進展しない場合・・
 決定権のある人やキーマンとなる人と
 話をしているのかどうか、
 確かめてください(p194)


■話し方のテクニック一覧という
 感じでした。


 若手ビジネスマン向けとして
 お勧めします。


 市川さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・話が伝わるポイントは、
 ワン・センテンス、
 ワン・アイコンタクト(p24)


・相手が思わず「うん」「はい」と
 言ってしまう内容を
 投げかけるのです(p21)


・部下も、「なぜそんなことを言われるのか」が
 わからないから変われないのです。
 「なぜ」こういうことを言う(する)のか、
 「なぜ」これが大切なのか。「なぜ」の部分を
 話してみる
と相手の心に響きます(p109)


・名刺交換したときなどは、
 何度も会話の中に相手の方のお名前を
 呼びながら会話します(p46)


・「あ~」「う~」「え~」・・
 「え~っと」とか「あっ」「あの~」など、
 女性でも気づかぬうちに使っています(p42)


・3日も経てば話の90%は忘れてしまう。
 覚えているのはスピーチしているときの
 態度や迫力、雰囲気だけだ
 (カルロス・ゴーン)(p54)


・言いにくい話を切り出すときは
 「恐れ入りますが」「お手数ですが」
 「私事で恐縮ですが・・」「どうしても
 お伝えしておかなければならないことが
 ございます」などといいますよね(p88)


・人間の欲求・・
 「褒められたい・認められたい・
 人の役に立ちたい」(p98)


働く女(ひと)の伝わる話し方の新ルール (アスカビジネス)
市川 浩子
明日香出版社
売り上げランキング: 578,973

【私の評価】★★★☆☆(70点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

○「YESセット」をとろう
○さりげなく、しぐさをマネて話そう
○話の内容は7%しか伝わらない
○「話題の引き出し」を持とう!
○「なりたい人」の話し方をマネてみよう
○好き好きオーラで話をしよう
○「でもだって病」に気をつけよう
○「ガールズトーク」は時と場所を選んで
○会話の中に、IよりYOUを
○褒め言葉は素直にキャッチャする
○「!」よりも「?」の話し方を



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む