「部下こそ上司にリーダーシップをとれ」松本 利明

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

部下こそ上司にリーダーシップをとれ

【私の評価】★★★★★(91点)


■サラリーマン組織での作法を学びます。


 日本の組織は上に行くほど
 無能という組織がいくらでもあります。


 そうした組織でも、
 いかに成果を出し、
 評価されるにはどうすればいいのか?


 それは、
 「コイツは使えるな
 と思ってもらうということです。


・あなたの手柄を上司やチームのメンバーに
 あげてしまう(p17)


■自分のアイデアを通すためには、
 他の人を巻き込む必要があります。


 そのために大切なのは、
 相談というスタイルでしょう。


 できれば、相手のアイデアを採り入れて、
 当事者意識を持ってもらうといい。


・『私が作った!』という関係者が社内外にたくさんいる
 状況に持っていくことが、まわりの人が喜んで動く
 下からのチームマネジメントの真髄と言えます(p62)


■文句を言うのではなく、
 解決策を言う。


 バカにしないで、
 気づかせる。


 情報をもらうだけでなく、
 情報を与える。


 なかなかレベルの高い内容だと
 思いました。


 松本さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・旅が楽しいのと同じように、
 「上司や同僚は旅の仲間
 良いところも悪いところも
 受け入れゴールを目指そう(p36)


・上司の上司に近づく・・
 部活やサークルがあればそこに入る・・・
 仕事関係の話をするときは、
 上司やまわりの良い点のみにしてください(p24)


・上司には期待しない、
 しかしバカにはしない(p30)


・「どうなっていたいか?」「どうすれば出来るか?」
 といったできることを前提に物事を発想する前向きな
 解決思考のアプローチを行う(p74)


・情報収集するときに、相手の興味関心事を聞き、
 違う部署でその関心事に影響しそうな情報を
 見聞きしたら、その人へ伝えてあげればいいのです(p88)


・全体像を見る視点・・・
 1 時間軸・・・過去→現在→未来・・・
 2 エリア軸・・自分周辺→日本→グローバル・・
 3 相手軸・・・自分、上司、部下、・・(p104)


・リチーミングの12ステップ
 1 理想像を描く
 2 ゴールを決める・・
 3 サポーターを得る
 4 ゴール達成のメリットを探る
 5 すでにできていることを見つける・・
 6 今後どんな成長が見られるかを想像する
 7 想定される困難な部分を見つけ事前に心の準備をする
 8 ・・・(p139)


部下こそ上司にリーダーシップをとれ
松本 利明
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
売り上げランキング: 96,414

【私の評価】★★★★★(91点)

■目次

1章 下からのリーダーシップとは?
2章 下からのリーダーシップに必要な8つのスタンス
3章 下からのチームマネジメント
4章 影響力を発揮するための武器
5章 リーダーシップのスキルを上げる
6章 てこずる相手を味方にするテクニック
巻末付録 必読 知っておきたい人事の裏側


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む