「ビジネスモデル分析術 数字とストーリーでわかるあの会社のビジョンと戦略」三木孝則, 望月実, 花房幸範

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスモデル分析術 数字とストーリーでわかるあの会社のビジョンと戦略

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■財務の数字から、会社を分析してみるという一冊。


 フェイスブック、グリー、グーグル、ヤフー、
 アップル、ソニー、サムスン、パナソニック、アマゾン、楽天と
 面白い企業が分析されています。


 経営者はこうした数字を見ながら、
 未来に向けて手を打っていくのでしょう。


・かつて「技術のソニー」と言われたハードの分野では、
 携帯電話を除き赤字となっており、ハードの両輪となるべく
 始めたソフトの分野及び金融事業が会社を支えているというのが、
 現在のソニーの姿といえます(p151)


■分析自体はだれでもできますので、 
 そこに何を見るのか。


 事業別の収益はどうか。

 営業利益率は。

 成長戦略はあるのか。


 経営者は、数字を見て、
 事業計画へ何を反映させ、
 どの程度結果を修正できたのか
 で評価されるのでしょう。


・アマゾンは顧客に対して商品を安く販売するために、
 顧客から受け取る配送料収入よりも、運送会社などに
 支払う配送コストの方が多く
なっています(p269)


■製造業では、売上が何兆円もあるところで、
 為替により10%も20%も減収になったら、
 固定費を回収していくのは難しいだろうなと感じました。


 逆に、為替により10%も20%も増収になったら
 笑いが止まりません。


 望月さん
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・プレミアムアイテムを手に入れるために、課金ガチャという
 射幸心を煽るシステムを取っています・・・ソーシャルゲームは
 ギャンブル
とブランドビジネスのいいとこ取りをしたような
 ビジネスモデルだと感じました(p50)


・ヤフーはサービス全体としての収益を上げるために、
 今後は「Yahoo!オークション」「Yahoo!プレミアム」などの
 トップ20サービスに経営資源を優先的に投下し、
 ONLY1となるサービスを育てることにしました(p97)


・「10倍挑戦、5倍失敗、2倍成功」・・・
 (ヤフーの)宮坂氏のプレゼンは分かりやすく、
 とても参考になります(p99)


・のれん残高の第1位は、三洋電機を買収した時に
 多額ののれんが発生したパナソニックで7,574億円・・・
 ソニーで5,768億円・・・グーグルで5,711億円・・・
 アマゾンで1,520億円・・楽天で1,151億円(p304)


・リーマンショック前の2007年度は・・・パナソニックの方が
 1兆円近く多くなっていました。・・・リーマンショックが起きた
 2008年度以降はサムスンが業績を伸ばしたのに対し、
 パナソニックは業績を落とした・・(p220)


ビジネスモデル分析術 数字とストーリーでわかるあの会社のビジョンと戦略
望月実 花房幸範 三木孝則
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 2,270

【私の評価】★★★☆☆(72点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

まえがき・あの企業は、なぜ儲かるのか?
第1章 フェイスブックVSグリー
第2章 グーグルVSヤフー
第3章 アップルVSソニー
第4章 サムスンVSパナソニック
第5章 アマゾンVS楽天
第6章 注目企業の数字を分析する
第7章 ビジネスモデル分析術
あとがき~グローバル時代のコミュニケーション


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

ビジネスモデル分析術を紹介していただき、
ありがとうございます。

著者の望月実です。

メルマガとブログで紹介していただいたことにより、
アマゾンの順位もあがったようです。

それでは、これからもよろしくお願いします。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む