「ドラゴンノート 理想の人生を手に入れる究極の願望成就法」羽賀 ヒカル

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンノート 理想の人生を手に入れる究極の願望成就法

【私の評価】★★★★★(97点)


■週末はやや落ち込み気味の私でしたが、
 この本で気分が立ち直りました。


 この本では、よくある
 未来の自分をイメージして書き出し、
 それをどこかに保管して忘れてしまう

 という成功法を紹介しています。


 それはわかってはいるのですが、
 この本で再確認させてもらった
 というところでしょうか。


・ドラゴンノートを書くこととは、
 どの未来を選択するかを宣言することです(p79)


■未来の自分がイメージできていれば、
 これから起こることすべては、
 未来の自分になるための修行。


 出会いさえも、
 必然的に与えられるものなのです。


 7つの習慣、フランクリン・プランナー、
 地上最強の商人、毎日の習慣をチェックする、
 毎日本を紹介する・・・
 といろいろやってきた私ですが、

 この本で紹介していることこそが、
 自分がこれまでにやってきたことなのだ、
 と確信できました。


未来の自分(本当の自分)は、必ず、存在しているのです・・・
 人生は、未来の自分(本当の自分)にとって、
 "当たり前"のことしか起こらないのです(p92)


■これからは、未来の自分をもう少し
 強くイメージすることから
 はじめたいと思います。


 自分にとっては、
 これまでの活動と気持ちを
 整理してもらったということで、
 高評価にしました。


 未来地図のようなものですが、
 自分でできるワークもついていますので、
 やりやすいと思います。


 羽賀さん、
 よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ 覚悟とは何か、分かるかい?」
 「覚悟、とはね、守りたいもののために、
  自分が傷つくことを恐れないことだよ
。(p40)
 

・"幸福な時間間隔(過去←現在←未来)に生きている人は、
 良い思い出も、悪い思い出も、最高に幸せな未来像(1枚の絵)
 を構成する欠片(ピース)なんだ

 ということを知っています(p70)


・未来のあなたから眺めると、今のあなたが
 乗り越えられない"試練"はありませんし、
 人生にとって意味のない"壁"など、
 存在しないのです(p84)


・毎日、運命の出会いを"お迎えする"つもりで
 生きているのです・・・北極老人のご自宅は、
 いつ訪ねても、目を疑うほどに、
 キレイに掃除されています(p116)


・なぜ、「書いて、忘れる」ことが大事なのでしょうか?
 願望成就において、いちばん障害になるものが、
 執着だからです(p163)


・宣言する。
 ↓
 実行する。
 ↓
 自信がつく。
 ↓↑
 未来が信じられる。
 ↓↑
 幸福な時間間隔になる。(p206)


・自信を、未来への確信に変え、
 幸福な時間間隔にステップアップするためのカギは、
  ・習慣化
  ・続ける
 ことです(p214)


・3ヶ月間。
 できる限りネガティブな人間とは関わらない。
 愚痴や不平不満を言うような友達とは会わない
 職場なイヤな人間ともなるべく関わらない。(p225)


ドラゴンノート 理想の人生を手に入れる究極の願望成就法
羽賀 ヒカル
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 241

【私の評価】★★★★★(97点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

 最近、感動した本はダントツで「ドラゴンノート」です。

 この本は驚きと気付き、やる気の創出など
満載の恐るべき本です。

感動しまくりで、少しずつ実践しています。

宗教の教祖様に出遭ったというのは
こういうことを言うのかなと思いました。
すごい!
  
「ドラゴンノート」に出遭えたのも
このメルマガのおかげです。

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む