「コーチングの神様が教える「できる人」の法則」マーシャル・ゴールドスミス、マーク・ライター

| コメント(1) |

コーチングの神様が教える「できる人」の法則

【私の評価】★★★★★(93点)


■だいたい会社に入ると、
 普通の人ならば、会社に貢献したい、
 評価されたいと思って
 成果を求めて仕事すると思います。


 そして役職が上がっていくと、
 役員、部長クラスくらいで、
 一つの壁が出てくる。


 これを日本では、
 「」と表現しています。

 つまり、人間性ですね。


 一般的には、
 組織の上にいくにつれ、
 評価の軸が変わっていきます。


 新人・・・労働力
 主任・・・知識
 課長・・・判断力
 部長・・・人間力
 役員・・・人の器
 という感じでしょうか。


・あなただったらどちらをCFOに選ぶだろう。
 会計の知識は並だが、社外の人とすばらしい関係を築き、
 ものすごく優秀な部下を管理する能力に長けている人と、
 会計の能力は抜群だが、社外の人とうまく関係を保てず、
 頭脳明晰な部下を遠ざけてしまう人。(p64)


■この本では、順調に出世してきた人に、
 さらなるステップアップ、
 つまり器を大きくしてもらうための
 注意点を教えてもらいます。


 ジャックウェルチが著者からコーチングを
 うけたというくらいですから、
 あくまでも優秀な人向けです。


 あなたの職場にもいませんか?


 確かに優秀で、バリバリ成果を出しているんだけれど、
 どうもいけすかない人が。


 正しいがゆえに、
 嫌われる
ということです。


・若くて、頭がよくて、会社のためを考え、高い倫理観を持ち、
 やる気満々、よく働き、企業家精神があって、
 クリエイティブで、カリスマ性があり、傲慢で、頑固で、
 何でも知っているという顔をする、恐ろしくいやなヤツだ。(p20)


■こうした軌道修正は、
 ちょっとリスクがあります。


 それは、切れすぎる刃を
 隠してしまうと、
 元々の強みを消してしまう
 可能性があること。


 それでも、なお、上に行くためには
 状況に合わせて、
 自分を変える必要があるのでしょう。
 潰される前に。


 日本でもこうした傲慢で優秀な人が出世して、
 会社がコーチをつけて修正してくれるようになれ、
 革新社長が増えるんだろうなと思いました。


 こうしたコーチングをうけるべき
 優秀な人が増えることを祈って、
 ゴールドスミスさん、
 よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・地位が昇るにつれて、
 こうしたらどうかという提案は、
 命令となってしまう(p9)


・答えを知っている・・・・他人はそれを傲慢だと見る・・
 他人の役に立っている・・他人は干渉だと見る・・
 権限譲渡をしている・・・他人は責任回避をしていると見る
 がまんして黙っている・・他人は反応がないと見る(p14)


・どんなに婉曲であっても、人は批判されるのを好まない。
 ・・・同僚、友人、あるいは家族が役に立つコメントを
 してくれたときには、判断を加えてはならない。・・・
 「ありがとう」と言おう。(p79)


・「申し訳ない」とひとこと言う。
 それで気持ちは軽くなる。・・・
 論理上はよくても、実際に行動となると難しい。(p126)


・聞き上手になるには三つのポイントがある。
 1 彼らは話す前に考える。
 2 敬意をもって話を聞く。
 3 反応するときにはつねに
   「言う価値があるか」と自問する(p220)


・怒りっぽい人だという評判をなくすことの手助けは簡単・・・
 「口を閉じたままでいれば、誰もあなたが本当は
  どう感じているかを知ることができない」(p95)


・賢人なら、私たちを腹立たしくさせる人間は、生まれつき、
 そういう人間なんだ、と言うことだろう。彼の存在に腹を立てる
 のは、机が机であることに腹を立てるようなものだ(p95)


コーチングの神様が教える「できる人」の法則
マーシャル ゴールドスミス マーク ライター
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 28244

【私の評価】★★★★★(93点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)