「スピリットベアにふれた島」ベン・マイケルセン

| このエントリーをはてなブックマークに追加

スピリットベアにふれた島 (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)

【私の評価】★★★★★(91点)


■2011年の青少年読書感想文コンクールの
 中学生への課題図書です。


 高中あわせた中で一番好きな本でした。

 
 中学生への課題図書のほうが高校生より
 レベルが高いのはなぜなんだろう?


■この本では、
 不良少年が無人島に島流しにされ、
 心を入れ替えるという物語。


 無人島では、いきなり
 スピリットベアという熊に襲われ、
 一命を取り留めます。


 自分の「死」と対面した瞬間、
 世の中の見方が変わってしまうのです。


世界は美しい
 そう、ほんとうにきれいだ!・・
 なぜ今までこうしたことに
 気づかなかったのだろうか、
 と思った。(p139)


■不良少年はリハビリ後、
 保護士の助けを借りて、
 再び無人島で自分を見つめなおす生活を
 再開します。


 水浴と石を持ち上げる修行のなかで、
 自分というものを見つめなおし、
 自然から学んでいく。


 そうした中で
 自分の感情をコントロールする方法を
 学んだりしています。


・朝、目がさめてすぐ、
 好んで腹をたてる人はいない。
 つまり、怒りがおさまらない時は、
 なにか自分の外にあるものに
 感情を支配されているのだ(p283)


■できすぎのような感覚でしたが、
 「死」と「自然」の中から
 学ぶ方法を教えてもらったような
 気になりました。


 中学生というより高校生に
 読んでほしいですね。

 
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


人を助けると、
 自分を助けることになる
んだ(p155)


一歩一歩が自分の人生の一日だと想像してみた
 つまずくごとに、人生でつまずいた
 日のことを思いうかべた。・・・
 ふりかえって見おろすと、
 思ったより高くのぼっていた。(p241)


・その石の中から祖先たちが話しかけ、
 苦労して学んだことを教えてくれるだろう。
 祖先の声を聞け。
 そして、いつの日か、今度はおまえが
 その教えを次の世代に伝えるのだ(p227)


【私の評価】★★★★★(91点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)