「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」岩崎 夏海

| コメント(3) | このエントリーをはてなブックマークに追加

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

【私の評価】★★★★☆(86点)


■タイトルのように高校野球の女子マネージャーが、
 ドラッカーの『マネジメント』を読んで
 チームを甲子園に連れていく物語です。


 ちょっと死を演出することで
 泣ける物語にしていますが、
 嫌いではないです。こういう本。


■ドラッカーの『マネジメント』のような本は、
 読んだだけではだめで、
 仕事でどう使うかが問題です。


 この本はそうした意味で、
 「あぁ、こうやって使うのか・・・」
 と『マネジメント』を読み始めるきっかけに
 なるのではないでしょうか。


・野球部のするべきことは、『顧客に感動を与えること』なんだ。
 『顧客に感動を与えるための組織』というのが、
 野球部の定義だったんだ!(p57)


■私がこの本で思い出したのは、
 仕事には責任を持たせるということです。


 仕事に責任を持たせ、
 高いレベルの仕事を
 要求しなくてはならないのでしょう。


■家にある『マネジメント』をまた読んでみる
 ことにしました。


 ドラッカーの『マネジメント』を持っていない人は、
 この本と2冊購入することをお勧めします。
 本の評価としては★4つとしました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・うまくいっている組織には、必ず一人は、手をとって助けもせず、
 人づきあいもよくないボスがいる。この種のボスは、とっつきにくく
 気難しく、わがままなくせに、しばしば誰よりも多くの人を育てる。
 好かれている者よりも尊敬を集める。一流の仕事を要求し、
 自らにも要求する。基準を高く定め、それを守ることを期待する。(p18)


・チーム制の練習の中に、さらに細かく「責任」を
 組織していく
ことに取り組んだ。例えば、チームごとに
 リーダーを決め、それぞれの管理運営は、
 そのリーダーに任せるようにした。(p137)


・練習の目標を決めた。・・・部全体の目標である「甲子園に出る」
 ということ、あるいは指針である「ノーバント・ノーボール作戦」
 などに基づいて決められた。(p184)


■引用はこの本から

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 28
おすすめ度の平均: 4.5
5 青春小説であり、ドラッカー入門書でもある
5 最後の方で泣けた
4 部活動にイノベーションを起こすかも
4 頭を柔らかくできるかも
4 入門書としては良いのでは

【私の評価】★★★★☆(86点)

■オーディオブックで聞く↓

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


■著者紹介・・・岩崎 夏海(いわさき なつみ)

 1968年生まれ。
 大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。
 放送作家。コンテンツ会社を経て、
 現在、株式会社吉田正樹事務所に勤務。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(3)

先日、出張先で、最近紹介された
「もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を
購入し、その後の別の出張の移動中に読みました。


大変勉強になったうえに、ストーリーに感動させられました。
電車の中で、「うるっ」と来て、あせりました。。。

この後、すぐにこの本の主人公が読んだ、
ドラッカーの「マネジメント」を購入しました。

今仕事をしている部署は、
英語で「management planing section」
ということなので、
自分も、この本の主人公のように、良い勘違い?をして、
新年度には、ちょっと職場の雰囲気作りのために
新しい取り組みにチャレンジしようと思っています。


ということで、この年度末は、
「マネジメント」を読んで、
計画を練りたいと思います。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメン
ト』を読んだら

ベストセラーなので逆に敬遠していたのですが、すっかりひき
こまれてしまい、涙まで出てしまいました。

   先々週の一日一冊プレゼントで『もしドラ』が当り、
  1昨日手元に届きました。ありがとうございました。


  この本がベストセラーになる前に、このメールマガジンで紹介頂き
  本の存在は知っていましたが、
  本の表紙に抵抗があり、読まずじまいのままでした。


  3時間くらいで一気に読みました。
  ところどころで涙しました。
  もっと早く読んでおくべきだったと思います。

   
  本のソムリエ様の書評と自分の読後感を比較したりしています。
  当然本のソムリエ様のほうが読みが深いですが。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む