「奇跡のリンゴ」石川 拓治

| コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

【私の評価】★★★★★(95点)


■青森県に20年前からリンゴの無農薬栽培に挑戦した
 木村秋則さんという人がいます。


 木村さんは、本屋さんで出会った一冊の本から、
 無農薬栽培の可能性を知り、
 自分のリンゴ畑で実験を始めました。


■しかし、農薬を使わなければ、
 病気が蔓延し、虫が大量発生し、
 リンゴの木は弱っていくだけです。


 木村さんは、何年も試行錯誤を繰りかえしました。


 しかし、どんなに虫を手で取っても、
 農薬の代替品を試してみても
 状況は変わりませんでした。


 虫が大量発生し、
 周りの農家からも白い目で見られ、
 村八分になったのです。


  ・無農薬でリンゴを栽培することは、
   木村にとっては夢でも、
   他の農家には狂気の沙汰の空想でしかないのだ。(p96)


■無農薬に取り組んだ6年間、どんなに努力しても、
 周りの農家から村八分にされ、家は貧しくなり、
 畑ではリンゴの木が弱っていくだけでした。


 悩みに悩んだ木村さんは、
 岩木山にロープを持って登り始めました。


 死ぬつもりだったのです。


 しかし、そこで木村さんは魔法の木と出会いました。


 肥料もなく農薬もない山の中で、一本のドングリの木が、
 元気にそびえていたのです。


■木村さんはそのドングリの木を見て、
 一瞬で理解しました。


 何が自分のリンゴの木と違うのか?


 それは、木が根を生やしている地面が違ったのです。


 ドングリはふかふかの虫や微生物がいっぱいの
 地面に長い根を広げて立っていたのです。


 自分のリンゴの地面は固く、
 木の根も数メートルくらいの弱弱しいものでした。


  ・雑草なんか生やしたら、養分を奪われてもっと弱くなってしまう
   と思ったのさ。だけど、親父の言う通りだった。
   雑草が土を耕してくれていたんだな。(p131)


■木村さんはそれから、
 土作りに取り組みました。


 雑草をはやしました。


 山の土地を再現するためです。


 そして10年目にやっとリンゴっぽい
 リンゴを収穫することができました。


 しかし、それは、無農薬リンゴを売るための
 苦労の始まりだったのです・・・


■私は、木村さんは、「風の谷のナウシカ」と
 同じだと思いました。


 映画「風の谷のナウシカ」では、人間から嫌われる腐海が、
 実は、汚染された土地を浄化していることを
 ナウシカが発見します。


 一方、木村さんが発見したのは、
 雑草は土地を耕し、
 肥料はリンゴの木を弱らせるということです。


 農薬、肥料に頼り、作物を弱らせる農業は、
 化学製品を作っているようなものです。


 いずれ石油が枯渇し、値段が高くなっていけば、
 衰退する運命にあります。


 その矛盾に気づいたのです。


  ・肥料を与えれば、確かにリンゴの実は簡単に大きくなる。
   けれど、リンゴの木からすれば、安易に栄養が得られるために、
   地中に深く根を張り巡らせなくてもいいということになる。(p187)


■木村さんの無農薬への取り組みの凄さとともに、
 本書をまとめた石川 拓治さんの力量に感嘆しました。


 「本でなければ伝えられないことがある」と
 確信する一冊です。


 文句なく★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・実験を始めたわけ。米の栽培も一年に一回しか
   試せないから、お酒のワンカップあるでしょう、
   あの空き瓶を酒屋からたくさん貰って来て実験したのな(p89)


  ・人間に出切ることなんて、そんなたいしたことじゃないんだよ。
   ・・・私じゃない、リンゴの木が頑張ったんだよ。・・・主人公は
   人間じゃなくてリンゴの木なんだ
・・・それがわかるまで、
   ほんとうに長い時間がかかったな(p167)


  ・エジプトもメソポタミアもインダスも、古代文明の
   繁栄した土地は、ことごとく砂漠化した。
   森林を伐採し、破壊し尽くしてしまったからだ。(p195)


▼引用は、この本からです。

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
石川 拓治 NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班
幻冬舎
売り上げランキング: 38
おすすめ度の平均: 5.0
5 リンゴに留まらない
4 本の表紙そのままのイメージ、魅力本です。
4 ライターの文章力も良し
5 この1冊には人生の明暗があります
5 出来たリンゴは奇跡ではなく自然に従った結果だが

【私の評価】★★★★★(95点)


■著者紹介・・・石川 拓治(いしかわ たくじ)

 1961年生まれ。ノンフィクションライター。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ




メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(2)

 感動した本:奇跡のリンゴ(石川 拓治)

 何といっても木村さんの自然体な執念に感動しました。

 あれだけのことをやり遂げたのに、淡々としている姿。
 とても感動しました。

  ・「奇跡のリンゴ」の映画を観ました。
   よかったです~。涙、出ました~。

   映画の最後に本物の木村さんの歯っ欠け笑顔が
   見たかったと思いました。

   「奇跡のリンゴ」の木村さんと「ローマ法王に
   米を食べさせた男」の高野さんはつながって
   いたのですね~。すごい!

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む