「「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!」高田 靖久

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい! (DO BOOKS)

【私の評価】★★★★★(93点)


■この本は、物語からはじまります。


 ある兄弟が父親から店を引き継いたのですが、
 売り上げは低迷。


 料理、雰囲気、接客は、
 何も変わっていないのに・・・。


 ところが、弟がある売り方をしてから
 店の売り上げは徐々に上がりはじめました。


 さて、その売り方とは
 何でしょうか?


■その答えは、顧客に定期的に送る
 ダイレクトメールにありました。


 ダイレクトメールを送ることで
 経営者の熱い思い、こだわり、
 店の歴史や伝説がお客様に伝わる。


 そうすると、お客様が二度、三度と、
 ご来店するようになったのです。


 こうした仕組みを構築するためには、
 まず顧客情報を収集する。


 そして、その顧客に向けて
 ダイレクトメール、チラシ、ホームページで
 受賞歴、お客様の声を伝えていく


■伝えるときのコツは、チラシにしろ広告にしろ
 「」を紹介することです。


 つまり、そこで働いている私たちを
 お客様に知ってもらう
のです。


 商品もサービスも良いのは当たり前ですから、
 その中で自分の店を選んでもらうためには、
 そこに理由が必要となるのです。


  ・なぜ人は、知らない寿司屋のドアを開けるのに、
   あそこまで勇気が要るのだろうか。
   それは、・・・その寿司屋で働いている
   「」がわからないから勇気がいる(p139)


■この本のすごいところは、
 「問題→答え→理由→実績」の構成で、
 わかりやすい上に、説得力があることです。


 さらに、800ものクライアントのデータから、
 1回きりのお客様のうち10%を再来店させると
 売り上げが上がっていくという。


 説得力が違います。
 私が経営者なら、すぐお金を出したくなるでしょう。


 本の構成としては、
 神田昌典を越えていると思いました。


 本の作り方のスタンダードになるような一冊ということで
 本の評価としては、文句なく★5つとしました。


PS 著者は現在サラリーマンのようですが、
  給与を十分考えてあげないと
  独立してしまうかもしれませんよ。社長!


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・1 まずは「思い出す
      ↓
 2 「そう言えば、あの店はよかったな」(p42)


・「あなたの店をえらばなければならない理由」
 このメッセージを、商品や対象を絞って発信していくのだ。
 すると、他店との「違い」が明確になってくる。(p134)


・口コミを起こそうとするなら、
 お客様を「えこひいき」すればいいのだ。・・・
 毎回、「売り込まないダイレクトメール」を送る(p182)


▼引用は、この本からです。

「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい! (DO BOOKS)
高田 靖久
同文館出版
売り上げランキング: 799
おすすめ度の平均: 5.0
5 著者のライブ講演はモット素晴らしい!
5 先に「お客様はえこひいきしなさい!」を
4 人間は3日で忘れる。そして初めての店は心理的敷居が高い。
5 即実践に使えます
5 大変ためになりました。

【私の評価】★★★★★(93点)



■目次

1章 なぜ、お客様はリピートしないのか?
2章 1回きりのお客様を「7倍」固定客にする方法
3章 7倍固定客にする「3つのルール」
4章 成功を左右する「顧客情報」の活用法
5章 なぜ、新規客が集まらないのか?
6章 新規客をザクザク集める方法
最終章 販促術よりも大事なこと


■著者紹介・・・高田 靖久(たかだ やすひさ)

 1971年生まれ。東芝ITコントロールシステム(株)所属。
 顧客管理システムグループ責任者。
 売れない営業マンから、「給料の五分の一」を自己投資。
 短期間で、売り上げ拡大する顧客が続出。
 800店舗を超える顧客にサービスを提供している。


高田 靖久氏のインタビュー


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む