「オシムの言葉」木村元彦

| このエントリーをはてなブックマークに追加

オシムの言葉 (集英社文庫 き 10-3)
【私の評価】★★★★★(93点)


●2003年、サッカーJリーグの
 ジェフユナイテッド市原の監督として
 イビツァ・オシムが就任しました。


 そして就任してすぐにオシムは、
 激烈なまでに走りを重点にした
 練習メニューを選手に課しました。


 それまで、ソフトな監督に率いられていた選手には
 不満がたまっていきます。


 ・意図は分かる。監督の意図は分かるが、
  吐き気がするほど苦しい練習
  課す相手にすぐに素直になれるほど、
  人間は素直な動物ではない。(p16)


●毎日、午前、午後2時間ずつの激しい練習
 そして、休日さえも計画されず、
 前日に告げられる。


 選手からは、
 「ここは部活動かよ!」
 「ナンダヨ、この監督」
 「もう、勘弁してくれ」
 という声さえ上がります。


 ・選手からは・・・不満が起きた。
  しかし、オシムは、「君たちはプロだ。
  休むのはオフになってから

  あるいは引退してからで十分だ。
  シーズン中はサッカー以外のことなど考えるな」
  と取り合わない。(p14)


●ところが、シーズンが始まり、試合をしてみると、
 入替戦の常連であるジェフユナイテッド市原は
 勝利を重ねていきます。


 俺たちは強くなっているのではないか・・・、
 だんだんと選手たちに
 自信が広がっていきました。


 2003年は1stステージ3位、2ndステージ2位となり、
 それ以降、優勝争いの常連となっています。


・DFは集中できずに、ピッチで寝ているのなら、
 ホテルに帰って寝ていてくれ!・・・
 もし、負けるようなことがあっても、
 自分たちのできることをすることで
 我々のプレーを見せよう。
 やることをやって負けるのなら、
 胸を張って帰れるはずだ(p182)


●今では選手の信頼を勝ち得ているオシム監督ですが、
 その信念に満ちた厳しい指導に、
 当初は強い反発がありました。


 はじめからオシムは、
 選手の反発を予想していたし、
 折込済みだったわけです。


 厳しいが、各選手の将来まで考え、
 平等にチャンスを与えるオシムに、
 日本代表監督のオフォーが来るのも
 うなずけるでしょう。


●オシム監督の偉大さと
 リーダーとは何かというものを
 考えさせられる一冊でした。


 文句なく★5つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・レーニンは『勉強して、勉強して、勉強しろ』と言った。
 私は、選手に『走って、走って、走れ』
 と言っている(p27)


・作り上げることより崩すことは簡単なんです。
 家を建てるのは難しいが、崩すのは一瞬。
 サッカーもそうでしょう。
 攻撃的ないいサッカーをしようとする・・
 ただ、それを壊すのは簡単です。
 戦術的なファウルをしたり、引いて守ったりして、
 相手のいいプレーをブチ壊せばいい。
 つまり攻めることは難しい。
 でもね、作り上げることのほうがいい人生でしょう。
 そう思いませんか?(p201)


▼引用は、この本からです。

オシムの言葉 (集英社文庫 き 10-3)
木村 元彦
集英社
売り上げランキング: 4139
おすすめ度の平均: 4.5
5 これは語録本ではない。
5 真摯な姿に・・・
4 オシム氏の凄さと同時にスポーツが戦争のプロパガンダに利用される悲しみ
4 オシムは本当に優秀でいい監督
5 書き手と対象の幸福な出会い

【私の評価】★★★★★(93点)



■著者紹介・・・木村 元彦(きむら ゆきひこ)

 1962年生まれ。大学卒業後、独立映画製作会社
 「疾走プロダクションを経て独立。
 ノンフィクションライター、ビデオ・ジャーナリスト。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)