超速!日本近現代史の流れ」竹内 睦泰

| このエントリーをはてなブックマークに追加

超速!最新日本近現代史の流れ―つかみにくい近現代を一気に攻略! (大学受験合格請負シリーズ―超速TACTICS)
(評価:★★★☆☆)


●著者は大学時代、金がなく、家賃も授業料も払えない状況となり、
 大学をやめて働くことを考えたといいます。


 しかし、松田松陰の本を読んだことで、
 心機一転、歴史について勉強をはじめました。


 ・「知って死ぬのと、知らずに死ぬのとは違う!」・・・そうだ!歴史は、
  生き方を、人生を教えてくれる!大学をやめるのを、僕はやめました。
  松田松陰もこうも言っています。「学ぶということは、どんなことから
  でもできます。本一冊あれば、その本から多くのことを学べます。(p6)


●熱い、熱い、著者の歴史への思いが伝わってくるようです。


 そして、歴史全体を勉強するため、
 大学ではなく予備校の講師を目指し、
 カリスマ講師となり、
 その集大成としてこの本があるわけです。


●この本は「日本近現代史」ですから、
 戦争前後のことが多く書かれています。


 戦後60年。


 私を含め、その時代を知らない私たちが
 学ばなくてはならない時代でしょう。


 ・神風は、途中から半ば強制的になったという人もいるようですが、
  基本的には志願制です。


 ・最も印象的なのが、十七歳の少年飛行兵が出撃する六時間前に書いた
  「妹よ、」で始まる手紙です。「もうすぐお兄ちゃんは死んじゃうけど、
  悲しまないでおくれ。これによって、おまえたち家族の命が少しでも
  長持ちするのだから・・・」(p148)


●私たちの祖父がどのような時代を生きたのか、
 この本で学んでみませんか。


 歴史の入門書としてお奨めします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・伊藤や山県のことを、竜馬や西郷など維新の志士にくらべて二流だという
  人もいます。しかし、たとえそうだとしても、当時の政治家たちもみな、
  命をかけて戦ってきました。(p79)


 ・実は陸軍の統制派内部でも、北進論と南進論の二つがありました。・・・
  北進論を考えていたのが石原莞爾、南進論をとっていたのが東条英機です。
  ここで日本の運命が決定されるわけですが、南進政策の東条英機が、陸軍
  の実権を握っていました。(p139)


 ・アメリカは、まずドイツと戦争しようとして、ドイツの潜水艦を二、三隻
  沈めたんですが、ドイツはその手の内がわかっているため黙ってがまん
  していました。しかし、日本はそうじゃなかった。ハル・ノートという
  アメリカ側の最終提案(無理難題ですが)をつきつけられただけで
  キレてしまい、真珠湾を攻撃するという暴挙に出てしまいました。
  まさにアメリカの術中にはまったわけです。(p142)


 ・アメリカ合衆国は、この原爆投下について、戦争を早く終わらせるため
  と言っています。・・・断じて違う。・・・理由は簡単です。・・・
  原爆は違うタイプの原爆で、両方実験したかったからなんです。・・・
  一瞬のうちに数十万人が死にました。これを虐殺と言わずして、
  何と言えばいいんでしょう。非戦闘員が90パーセントの都市に
  そんなものを落とすのが、人間のやることか。(p151)


 ・「日本の行為は許せない。他の国を武力によって侵略するなど、
  絶対に許せない。・・・」そうアメリカの検事が言ったとき、
  大川周明は立ち上がって叫びます。「インディアンはどうなるんだ。
  ならば、アメリカよ。インディアンの土地より去れ!
  この発言で大川周明は精神異常とされ、
  精神病院に送られました。(p168)


超速!最新日本近現代史の流れ―つかみにくい近現代を一気に攻略! (大学受験合格請負シリーズ―超速TACTICS)
竹内 睦泰
ブックマン社
売り上げランキング: 21093
おすすめ度の平均: 4.5
5 超速日本史 近現代
3 用語暗記、受験対策には向かない
4 読み物として読めます
5 日本史学習者必携
3 受験参考書としてはあまりオススメできない

(評価:★★★☆☆)


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)