「俺が、つくる!」岡野 雅行

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

俺が、つくる! (中経の文庫)

(私の評価:★★★★★)93点


「あいつは変わり者だ」と言われようが何を言われようが、
今、自分を信じて人と違うことをやっておけばいいんだよ
歴史というものはいつもそう。十年、二十年経ってみてはじめて、
「あいつの言っていたことは正しかったな」とわかる。


●仕事には二つあります。


 言われてやる仕事と、
 自分で考えた仕事です。


●上司から言われてやる仕事を
 やるのは当然です。


 しかし、自分で考えた仕事は
 「何をやってんだ。いいから自分の仕事をしろ」と
 周りからいわれるのが普通です。


●でも、周りからなんと言われても、
 本当に楽しい、やりがいのある仕事は、
 やっぱり自分で考えた仕事です。


 自分らしさも表現できます。
 仕事の半分くらいが、自分で考えた仕事だと
 かなり幸せです。


 そう思いませんか。


●そういえば、ホンダのオデッセイも
 小田垣さんという人が、中止されたミニバンプロジェクトを
 ヤミで開発していて日の目を見たということを
 聞いたことがあります。


 いまでは、あちこちにオデッセイが走っています。
 「俺が、つくる!」という思いが走っているわけです。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人を伸ばすには徹底的に誉めることだ。
 俺は社員を絶対にけなさない。(p113)


・誰とでも利益は折半・・・ 
 義理人情を忘れてはいけない(p133)


・才能豊かな人でも何もないところから
 発明はできない。
 最初はコピーからはじまる(p163)


俺が、つくる! (中経の文庫)
岡野 雅行
中経出版
売り上げランキング: 205796
おすすめ度の平均: 4.0
3 誰でも持っておけるエッセンスを感じたい
5 岡野社長の腕と人柄が儲けを生み出す!!
4 下町の頑固な職人さん
5 愛される職人

(私の評価:★★★★★)93点



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む