本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「その一言で現場が目覚める (建設工事に学ぶ「リーダー」のコミュニケーション術) 」降旗 達生

本のソムリエ 2022/03/22メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「その一言で現場が目覚める (建設工事に学ぶ「リーダー」のコミュニケーション術) 」降旗 達生


【私の評価】★★★★☆(80点)


要約と感想レビュー

 強い現場は信頼されるリーダーによって作られると考えられていますが、その源泉はコミュニケーションです。多くの現場を観察してきた著者に、よいリーダーのコミュニケーションのコツを学びましょう。


 まず一番最初に取り組むべきことは、職場を発言しやすい雰囲気にすることです。例えば、会議が発言しやすく意見がたくさん出てくる、協力会社からよく相談される環境づくりが大切なのです。著者は、会議で参加者に飲み物を用意することを勧めています。飲み物を出すことがポイントではなく、リラックスした場にすることが大事なのです。職場の仲間がお互いを良く知り、気を配り、心を配り、気軽に声を掛け合える一体感を持った組織が強い組織なのでしょう。


・「気が付いたらすぐ相談」、「相談もワンデーで」を現場全体で徹底することが不可欠だ(p83)


 そうした話しやすいムードを前提として、リーダーが気を付けるべきことは、目的を伝えることです。今日の作業では何を注意すべきなのか。工程に影響を与えるのか、品質に影響を与えるのか、他の工程に影響を与えるのか。今やっていることの意味を教えるのです。


 人が一番育つのは、意味がないと思っていたことに意味を見い出したとき。見えていないことが、見えたときに成長するのです。仕事の意味を教え、部下が「へー」と目からウロコの意味を伝えたいところです。そのためにもリーダーは、品質、安全、工期、コスト、技術といった幅広い知識が必要なのでしょう。


・話し手の言葉に心を動かす・・三つのパターン・・・
 1「重要な意味はないと思えること」に意味を見い出したとき
 2「複雑に見えること」が単純化されたとき
 3「見えないこと」が見えたとき(p110)


 その他にも、即答(ワンデーレスポンス)で早い現場を作ることを推奨しています。即答(ワンデーレスポンス)とは、相談されたら1日(ワンデー)以内で応じる(レスポンス)ということです。相談されてもレスポンスがないと、工事で手待ちとなり、現場が止まってしまう可能性があります。相談したら、すぐに回答してくれるのなら、相談のしがいもあるということでしょう。こうした取り組みで協力会社からの信頼を積み重ねることが大事なのです。職場内での同僚の信頼を積み重ね、協力会社全体の信頼も積み重ねることで、現場の「報・連・相」を活性化させるのです。


 現場の精通している著者らしい実戦的な内容でした。いきなり全部はできないので、目指すべき理想として一つひとつ試してみたいものです。降旗(ふるはた)さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・どうすれば「報・連・相」が活性化するか・・・参加者が意見が言いやすいムードを作る(p20)


・即答(ワンデーレスポンス)は、ムダ取りそのものであり、原価低減にもつながるのである(p59)


・元請け会社から下請け会社に対しては、まずはできるだけ早い段階で発注することが大切(p71)


・会議の大前提として欠かせないのは、「目的を明確化する」・・・具体的な行動を「誰が、何を、いつまでに」を決める・・・決定事項の進捗確認を行い、さらなる課題を洗い出す(p139)


・雑談力・・・挨拶には必ず「+アルファ」を添える(p150)


・私の場合は、日ごろから「地域別・会いたい人リスト」を整理して持ち歩いている・・・最も望ましいのは、食事を共にすることだ(p168)


▼引用は、この本からです
「その一言で現場が目覚める (建設工事に学ぶ「リーダー」のコミュニケーション術) 」降旗 達生
降旗 達生、日経BP


【私の評価】★★★★☆(80点)


目次

1 コミュニケーションの基本は「報・連・相」
2 レスポンスが早い現場をつくる
3 チーム外とのコミュニケーション
4 日常の様々な機会にスキルを磨く
5 五つの「まめ」でスキルアップ



著者紹介

 降籏達生(ふるはた たつお)・・・ハタコンサルタント(株)代表取締役。1961年、兵庫県生まれ。1983年に大阪大学工学部土木工学科を卒業後、熊谷組に入社。ダム工事、トンネル工事、橋梁工事など大型工事に参画。阪神淡路大震災後に、独立して技術コンサルタント業を始める。これまで手掛けた建設技術者向け研修の参加者は2014年3月時点で延べ4万人、現場指導件数1000件超。自ら発行する建設業向けメールマガジン「がんばれ建設~建設業業績アップの秘訣」は読者数1万2000人。


この記事が参考になったと思った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ブログランキングにほんブログ村


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: