本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「リピート率80% 心をつかむ接客術」仲亀彩

本のソムリエ 2021/11/12メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「リピート率80% 心をつかむ接客術」仲亀彩


【私の評価】★★★★☆(83点)


要約と感想レビュー

 商売のコツは、リピート率を高めることです。リピート率が低いと、いくら広告を出して新規顧客を集めても客は減っていきます。リピート率が低い商売・サービスとは、底に穴の開いたバケツに、水を貯めようとするようなものなのです。


 この本では飲食店サービスでリピート率80%の著者の秘密を学びましょう。リピートする接客の基本は、お客様を自分の大切な家族だと思って接客することだという。その想いがお客様に伝わるのでしょう。


・私が師匠から学んだ接客の教え・・・目の前のお客様を自分の一番大事な家族だと思って接客すること(p12)


 もちろん良いサービスを提供するためには、事前の準備と改善が必要となります。著者は「声かけ質問リスト」を作ったり、お客様への説明の練習をしていました。接客しているときは、お客様が何を求めているのか、なにか困っていないか、など観察しならが、接客します。


 そして毎日、今日の接客はどうだったか短時間でもよいので「振り返り」を行うのが効果的であったという。著者はお客様に対して、自分がいいなと思ったことを伝えていたという。実は著者自身も気づいていませんでしたが、著者はものすごい"ほめ上手"なのです。


・私の指名・リピート率が高い理由には、ほめ上手・・・自分がいいなと思ったことは、きちんと伝えてきました(p160)


 日本人の顧客はあまり口に出して意見を言わないかわりに、次は決して店に来ないという人も少なくありません。そのためにも、お客様が口に出さなくてもお客様が何を求めているのか、探ることが大事になるのです。一声かけて、お客様との関係を育てていくのが、接客の命なのだと感じました。


 仲亀さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・スタッフにサービスを受けさせる・・・実際に体験すると、質がグンと上がる(p30)


・緊張しない状態を自分でつくる・・・準備を万端にしておけばいい(p14)


・お客様が本当に求めることを探る(p51)


・「いかがですか?」「何かありましたか?」と尋ねる。この一言が、お客様のりピートを決めます(p45)


・師匠は口を酸っぱくして「お客様から『すみません』と言われたら我々の負けだ』と話していました(p59)


・毎日の「振り返り」が今の自分をつくりました(p89)


・一番最初のわがままを聞かない(p63)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「リピート率80% 心をつかむ接客術」仲亀彩
仲亀彩、ぱる出版


【私の評価】★★★★☆(83点)



目次

第1章 驚くほど簡単にできる魔法のテクニック
第2章 お客様を知って自分のレベルを上げるコツ
第3章 100倍差がつく「振り返り」の秘密
第4章 お客様に気持ちよく過ごしてもらう極意
第5章 リピート客のつくり方
第6章 「あなたに会いたい」の生み方


著者紹介

 仲亀彩(なかがめ あや)・・・鉄板焼シェフ/接客コンサルタント/YouTuberあやシェフ。接客業歴22年 接客したお客様は国内外合わせてのべ15万人 お客様リピート率80%。15歳から飲食店の接客のアルバイトをはじめ、都内数店舗で修行をし、28歳で現職である鉄板焼シェフに抜擢。これまでに得た接客技術を使い、スターや政財界の著名人、エグゼクティブ、海外の王族を接客する。2019年に独立。現在は鉄板焼シェフ業とともに、接客コンサルティング、セミナーを行う。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: