本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「元証券ウーマンが不動産投資で7億円」八木エミリー

本のソムリエ 2021/11/11メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「元証券ウーマンが不動産投資で7億円」八木エミリー


【私の評価】★★★★☆(80点)


要約と感想レビュー

 証券ウーマンから不動産投資事業をはじめたエミリーさんの一冊です。


 エミリーさんは証券会社のお得意様であった老舗ホテルが経営破たんするのを目にして、自分が買収して立て直したい!と思ったといいます。ところが会社員のエミリーさんにホテルの売却価格2億円を支払えるはずがないわけです。2億円があれば、ホテルを再建して、地域を活性化できるのにと悔しい思いをすることになりました。


 そこから話は飛躍して、どうせ地域活性化するならば市長になればいい、市長になるためには後援会や政治資金として金がいる。30歳で10億円、40歳で100億円あれば自分のやりたいことができるのではないか、と不動産投資をはじめたのです。突飛な話でビックリしますが、不動産投資事業を行っていくうえで、目的、目標が大事なのでしょう。


・不動産投資の目的をはっきりさせる・・・10年後にどうなりたい?・・・目的達成には、どれくらいのキャッシュフローが必要?(p30)


 不動産投資は事業ですから、投資のプロにならなくてはなりません。まず、不動産投資の本を100冊以上読み、週末にはセミナーに参加し、物件探しのために歩き回りました。


 不動産はかつて資産は、現金・株式・不動産の3分割して投資すれば良いと言われていたくらいですから、長期的にはインフレに強い投資なのです。問題は、価値ある不動産を見分けることができるのかどうか、ということでしょう。そこで大事になるのが、何のために不動産投資をしているのか、という目的なのです。目的がはっきりしていれば、買う買わないの判断基準が見えてくるのです。


・失敗してしまう投資家の共通点・・・「勉強しない」「リサーチしない」「(物件探しの)努力をしない」「人を疑わない」(p35)


 エミリーさんは6億円投資して、経費を差し引いて2000万円のキャッシュフローを得ているといいます。年3%の利回り相当です。どれくらい空室があるのかわかりませんが、空室が減る、増えるで利回りが大きく変わるので空室対策が重要と感じました。


 目標は30歳で10億円、40歳で100億円ですから目標に向かって邁進中ということでしょう。良い物件を手に入れられるといいですね。エミリーさん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・不動産はしっかりと空室対策さえすれば、景気がよくても悪くても毎月決まった収入が安定確保できるのです(p17)


・物件構造は基本的に鉄筋コンクリート造・重量鉄骨造に絞る(p81)


・表面利回り20~30%と高利回りの物件は、物件価格を下げないと買い主がつなかいなど、なんらかの問題を抱えている可能性もある(p86)


・管理会社を訪問する際も、やはり手みやげ(差し入れ)持参を欠かしません。担当者は若い男性が多いので、食事代わりになるパンがけっこう喜ばれます(p180)


・地震対策として投資家ができることは、購入する物件のエリアを、東京・千葉・愛知というように分けて、どこかの物件が被害に遭っても、他の物件は問題なく維持できるようにリスクを分散しておくことです(p201)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「元証券ウーマンが不動産投資で7億円」八木エミリー
八木エミリー、ダイヤモンド社


【私の評価】★★★★☆(80点)



目次

序章 ゼロからはじめる不動産投資の心得―逆算して計画する力
第1章 お金から自由になる不動産投資の極意―人生のビジョンを持って成功する力
第2章 失敗しない物件選びのコツ―調査して営業する力
第3章 金融機関から融資を受ける秘訣―自己アピールして交渉する力
第4章 空室に悩まない賃貸経営の秘訣―理性と感情で行動する力
第5章 タイプ別おすすめ不動産投資―自分を客観視して投資する力


著者紹介

 八木エミリー(やぎ えみりー)・・・1989年愛知県西尾市生まれ。2013年大学卒業後、野村證券入社。配属された東海地方で新人にして営業成績トップ。将来的に自分の手で地域活性化をするという大きな目標を掲げ、40歳までに資産100億円を築き、財団を設立して地元を活性化するのが目標。セミナー講師に持ちかけられた投資話に騙され、100万円を失ったことをきっかけに「現物を見られないものには投資しない」ことを学ぶ。2015年、26歳で1棟目となる中古1棟アパートを購入。その後も1棟買いを続け、入社4年目に退社。現在は7棟68室(総資産7億5000万円)のオーナーとして、年間家賃収入7000万円、年間2000万円のキャッシュフロー(手元に残るお金)を得ている。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: