本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「Beyond the Label「こうあるべき」の先にある、自分流リーダーシップと成功の形」モーリーン シケ

2021/04/07本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Beyond the Label「こうあるべき」の先にある、自分流リーダーシップと成功の形」モーリーン シケ


【私の評価】★★★★☆(81点)


内容と感想

■著者はロレアルとGAPで商品企画の
 プロとして頭角を現し、GAPの系列
 ブランド「オールドネイビー」を
 立ち上げ大成功させました。


 その後2003年からシャネルのCOO兼
 アメリカ支社長からグローバルCEO
 となり業績を3倍にしたという。


 この本では、常に業績を上げた人が
 昇進していく欧米企業の雰囲気と、
 業績を意識しながらも人間関係にも
 配慮が必要である組織の力学などが
 垣間見え、面白い。


 特に著者は女性なので、
 欧米であってもトップを狙える
 女性はごく限られていることが
 わかります。


・今後はつねに1万2千名の目が、私の一挙手一投足を見つめ、私のビジョンや指導を求めることになる。私の見積もりでは、新しい構想を練るのに三ヶ月、取締役会に私の真価を示すのに三ヶ月、野心的な目標をチーム全体に浸透させ、鼓舞するのに三ヶ月かかると見ていた(p226)


■興味深いのは欧米企業であっても、
 トップダウンが必ずしも受け入れ
 られるわけではないということです。


 もちろんトップが創業者であれば、
 長年の信頼関係の中で組織全体が
 動いてくれるでしょう。


 しかし、彼女のように落下傘のように
 外部からトップになった場合、メンバーが
 本気で協力してくれるのを期待するのは
 ナイーブすぎるのです。


 実際、彼女がシャネルのトップになって
 導入を計画したリーダシップ・プログラム
 は、独断的と見られ、雰囲気が悪くなり、
 中止することになっています。


・私がやってしまったように、リーダーが自分の意見や計画を強引に推し進めようとすると、チームの人たちはひそかに反発するか、正面切って異を唱えるか、命令だからと形だけ従ってみせるかだろう。いずれにしろ、悲惨な結果を招く(p50)


■おもしろいと思ったのは、
 日本では見られないコーチを活用した
 管理職向けの教育があることでしょう。


 単純に管理職や役員にコーチを
 付けて、コーチングをしたり、
 360度評価をフィードバックする。


 または、管理職がコーチの助言の
 もとで、業務改善プロジェクトを
 計画・実践する


 セミナーに参加させても
 なにも変わらないのなら、
 コストをちょっとプラスして
 コーチを活用しながら業務改善を
 実践させてみるという考えでしょうか。


 モーリーンさん
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・小学校の卒業式。お友だちと親子みんなで遊ぶ約束をしたとき。娘たちの人生において大切な瞬間に、そばにいてられないことがあまりに多かった。もっと寝る前に本を読み聞かせて、寝かしつけてやりたかった(p197)


・「そのTシャツにぴったりのクルーソックスはいかがですか?」これは「フライドポテトはいかがですか?」と同じ、GAP流の"付け合わせ"作戦(p145)


・私はどんな会議に出るときも、「なぜ~ですか?」という素朴な質問をたくさんするとともに、「なぜ~しないんですか?」という質問も同じくらいたくさんした。そのうち、こんな素朴な方法が知恵をもたらすことがわかった。ほかの人が尻込みして訊けないことでも、私が大胆に質問すれば、議論がこれまでになく活発になった(p259)


・自分がなにをしたいのか、どこを目指したいのかを悟るには、プレッシャーがかかって気が散る状況から一瞬でも抜け出し、表面的なことにとらわれずに、自分にとってなにが本質的にいちばん重要なのかを考えてみよう(p188)


・あなたの特徴はなんだろう?・・・どんな特徴を仕事に生かせば、あなたらしさを生み出せるだろう?・・・興奮と期待でめまいがするほど、あなたが情熱を傾けられるものは?(p111)


・コーチのデヴェ・・・私はそれまでは短所だと思っていた部分について、まったく別の見方ができるようになった・・・ところが、手強いのはその次だった。管理職を対象に行う"360度評価"を受けて、私のリーダーシップの問題点や課題を突き止めることになった(p172)


・リーダーシップ・ジャーニー・・・リーダーたちは自分のパーソナルコーチを選び、改善または強化したい点を決めて取り組む・・・各事業部が結束して革新的なプロジェクトを立ち上げ、各チームが長年の課題に対し、新たなアプローチで取り組んだ(p263)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「Beyond the Label「こうあるべき」の先にある、自分流リーダーシップと成功の形」モーリーン シケ
モーリーン シケ 、ハーパーコリンズ・ ジャパン


【私の評価】★★★★☆(81点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 息を吹き返す
第2章 新しい目で
第3章 チャンスに身を任せて
第4章 ロード・トレーニング
第5章 得意分野はどこに
第6章 微妙なライン
第7章 頭角を現す
第8章 リーダーへの道
第9章 すべてを手に入れる
第10章 直感は告げる
第11章 相反する要素の組み合わせ
第12章 コルセットを壊す


著者紹介

 モーリーン・シケ(Maureen Chiquet)・・・イェール大学にて文学を専攻。卒業後に渡仏し、1985年よりロレアル・パリにてマーケティング職に就く。アメリカへ帰国後はGAPに入社し、マーチャンダイザー(商品企画)の道に進んだ。系列ブランドのオールドネイビーの立ち上げにナンバー2として携わり伝説的な大成功をもたらしたのち、同じく系列ブランドのバナナ・リパブリックの社長に就任。2003年にシャネルに移り、COO兼アメリカ支社長を経て、同社初のグローバルCEOとなる。2016年に退任。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: