本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「礼節を磨くとなぜ人が集まるのか」七條千恵美

(2020年11月18日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(75点)


内容と感想

■元JALキャビンアテンダントが教える
 礼節のある人は敵を作らず、
 得することが多いという一冊です。


 確かに礼儀を尽くせば
 相手に良い印象を与え、
 悪い印象を与える可能性は小さくなる。


 それでも世の中には攻撃的な人も
 いれば、ウソや悪い噂話を広げる
 人もいるのだという。


・礼節のある人は敵をつくらない(p16)


■著者は礼儀を尽くしつつも
 そうした礼節のない人は
 無視するに限るとしています。


 ただ、無視したくても
 意地悪な先輩や上司が
 職場にいたりしたらどうするか。


 著者の場合は、他の居場所を探したり、
 プロとして腹をくくり、いつも通り
 仕事に集中するという。


 最悪、そうした人から逃げるのが
 得策なのでしょう。


・知人に相談すると・・・そんな人にエネルギーを使うな。そんな態度をとるのはかわいそうな人だから(p154)


■世の中は人間関係で作られていますので、
 礼節のある人もいれば
 礼節のない人もいるということです。


 そうした中でいかに礼節を持って、
 礼節を失わず、落ち込まずに
 自分を磨いていくのか、
 ということを教えてくれる一冊でした。


 七條さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・礼節がある人は誰かが助けてくれる(p31)


・礼節のある人は一目置かれる(p20)


・礼節のある人は「受け取り上手」・・・きちんとお礼の言葉を述べ、素直に喜びや感謝の気持ちを表現できる人のことです(p24)


・アイコンタクトで得られる情報は意外に多い(p98)


・まずは聞くこと。「そのような意見もあるのですね」と受け止め、そのあとで「私はこのように思いますが、いかがですか?」(p131)


・どちらでもいいこと、さして重要と言えないことはどんどん譲ればいいのです(p185)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

七條千恵美、青春出版社


【私の評価】★★★☆☆(75点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 礼節がある人だけが受け取れる6つのギフト
第2章 私が見てきた最高の礼節
第3章 礼節を表現する具体的な方法
第4章 礼節のない人にはどう対処すればいいか
第5章 いつでも心穏やかでいるための考え


著者紹介

 七條千恵美(しちじょう ちえみ)・・・元JAL客室乗務員。取締役から「Dream Skyward優秀賞」を受ける。また、皇室チャーターフライトのメンバーに抜擢された。サービス訓練教官として1000人以上の訓練生を指導。評価最上位に該当するS評価を獲得。退職後、株式会社GLITTER STAGEを設立。研修講師として講演や研修を行っている。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: