本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え」

(2020年10月20日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(84点)


内容と感想

■1兆ドルコーチとは、シリコンバレーで
 グーグル,アップル、ツイッター等のCEOを
 コーチしたビル・キャンベルのことです。


 ビル・キャンベルはアメフトコーチから
 家計簿ソフトIntuitのCEO、会長を
 歴任していました。


 ビルはIntuit経営の傍らで
 アップル、グーグルの経営に参加し、
 コーチと呼ばれていたという。


・スティーブ・ジョブズが1985年にアップルを追放されたとき,ビル・キャンベルはそれに抵抗した数少ない同社幹部の一人だった(p36)


■コーチというと相手の話を聞くだけの
 ように感じますが、ビルはちょっと
 違っていたようです。


 仕事がダメならダメというし、
 経営セミナーで経営のコツを教えるし、
 取締役候補の面接もしています。


 コーチというよりも
 経営者のアドバイザーという
 感覚なのでしょうか。


・ビルは上司や上役よりも,同僚との関係を重視した・・・同僚の意見に注意を払え・・・君はチームメイトにどう思われているのか,肝心なのはそこだ!(p85)


■マネジャーは部下の家庭、生活を
 知らなくてはならないと言い、
 自分も実践しています。


 ドライなアメリカにおいて
 人の心を大切にする経営者で
 あるように感じました。


 口は悪いが、いいオヤジ。
 でも経営者としては一流。
 なかなかいませんよね。


 シュミットさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・グーグルでは,すばやく動く必要のあるプロダクト開発チームを,マネジャー抜きで運営するという実験が始まった・・・ビルはラリーに言った。「ここにはマネジャーを置かないとダメだ」・・・1年以上「脱組織化」モードを続けてからようやく打ち切りを決め,2002年ごろに人間のマネジャーを戻した(p64)


・彼(ビル)は民主主義を好まなかった・・・コンセンサスではなく,最適解を得ることを重視した(「コンセンサスなんかクソくらえだ!」とよく怒鳴っていた)・・・コンセンサスを目指すと「グループシンク(集団浅慮)」に陥り,意思決定の質が低下しがちなことを,彼は直感的に理解していた(p92)


・「マネジャーの仕事は議論に決着をつけることと,部下をよりよい人間にすることだ」とビルは言った・・・ビルはこのことを苦い経験から学んだ。アップルの幹部時代,決定を長引かせてしまい,事業に悪影響がおよぶという,正反対の状況に陥ったのだ(p95)


・ビルはコダックでマーケッティング担当ながら,エンジニアに問題解決の知恵を借りにいったのだ。肝心なのは,エンジニア(やプロダクトを生み出す人々)には力があり,それなりの自由を与えられる必要があるということだ(p114)


・ビルは,物語を語れとコーチしてくれた。人は物語を理解すれば,それを自分の身に置き換えて考え,何をすべきかを悟る。心から納得させるんだ(p153)


・「時間を取ってバラの香りをかぐんだ。バラとは従業員だ」とビルは教えた。「誰もが仕事以外のことを君と話したがっている,それを忘れるな」(p241)


・どうやって部下をやる気にさせ,与えられた環境で成功させるか?・・・ああしろこうしろと指図するんじゃない。同じ部屋で一緒に過ごして,自分は大事にされていると,部下に実感させろ。耳を傾け,注意を払え。それが最高のマネジャーのすることだ(p66)


・彼(ビル)はグーグラー向けの経営セミナーで諭している。「業務レビューをどうやって行うか。1on1で部下を評価し,正しい軌道に戻してやるにはどうするか。成功している人は・・・部下に説明責任を持たせている。最高の人材を採用し,評価し,フィードバックを与える方法を知っていて,給料を十分に支払う」(p65)


・ビルはいつもミーティングを「ムダ話」で始めたが,彼の場合,それはそこまでムダな話ではなかった・・・じっさい,彼は本心から人々の生活に関心を持っていたのだが,そうした会話には強力な効果があった・・・ビルはムダ(ではない)話をしてから,仕事の進み具合に移った。何に取り組んでいるんだ?うまくいっているのか?何か力になれることはあるか?(p85)


・ハイパフォーマーだが扱いのむずかしい「規格外の天才」には寛容であれ。守ってやりさえすべきだ。だがそれは,倫理に反する行動や人を傷つけるような行動を取らず,経営陣や同僚へのダメージを上回る価値をもたらすかぎりでのことだ(p105)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

ダイヤモンド社


【私の評価】★★★★☆(84点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

序文 シリコンバレー最大の伝説(アダム・グラント)
CHAPTER1:ビルならどうするか?
CHAPTER2:マネジャーは肩書きがつくる。リーダーは人がつくる
CHAPTER3:「信頼」の非凡な影響力
CHAPTER4:チーム・ファースト
CHAPTER5:パワー・オブ・ラブ
CHAPTER6:ものさし


著者紹介

 エリック・シュミット・・・2001年から2011年まで、グーグル会長兼CEO。2011年から2015年まで、グーグル経営執行役会長。2015年から2018年まで、グーグルの持株会社アルファベット経営執行役会長。現在はグーグルとアルファベットのテクニカルアドバイザーを務める。


 ジョナサン・ローゼンバーグ・・・2002年から2011年まで、グーグルの上級副社長としてプロダクトチームの責任者を務めた後、現在はアルファベットのマネジメントチームのアドバイザーを務める。


 アラン・イーグル・・・2007年からグーグルでディレクターとしてエグゼクティブ・コミュニケーションの責任者、セールスプログラムの責任者を歴任


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: