本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「1日1ページ、読むだけで身につくからだの教養365」デイヴィッド・S・キダー

(2020年3月 1日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■一日ひとつの医療関係のトピックを
 読みましょうという一冊です。


 最近はインターネットで検索すれば
 それなりの常識を知ることができるので
 良い時代となりました。


■現代でも不治の病や原因の分からない病が
 存在するのは確かです。


 それでもわかっていることは
 分かって対処したほうが
 健康な人生を送れるはずです。


 キダーさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・科学者たちは、自閉症の明確な原因についてはっきりとは理解していない。しかし、遺伝と環境の両方がなんらかの原因になっているのではないかと疑っている。たとえば、自閉症を患う子どもがひとりいる家庭においては、5%の確率で、もうひとりの自閉症の子どもがいる(p56)


・かぜの症状をひき起こすウイルスは200種類以上もある。ライノウイルスは、かぜの約35%の原因を占める。コロナウイルスや、他のさらに重篤な疾病をひ212き起こすウイルスもかぜの原因になる(p64)


・副鼻腔炎・・・慢性の副鼻腔炎では、副鼻腔の感染が3か月以上繰り返され、鼻ポリープやアレルギーといった根本的な疾患が原因であることが多い(p71)


・ストロイドとよばれる薬剤は、コルチコステロイド、女性ホルモン、男性ホルモンという3つのカテゴリーに分類される。コルチステロイドは、意思によって広く処方されており、からだの炎症をコントロールするために市販もされている(p212)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★☆☆(71点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■内容

【月】子ども注意欠陥障害、拒食症、にきび、自閉症、ワクチン接種、思春期、いじめ
【火】病気インフルエンザ、胃腸炎、痔、貧血、アレルギー、白内障、乳がん、喘息
【水】薬と代替療法アスピリン、アーユルヴェーダ療法、鍼、催眠術、バイアグラ、ステロイド剤
【木】心アルツハイマー病、パーソナリティ障害、躁鬱病、学習、記憶、睡眠
【金】性子宮頸がん、代理母出産、アルフレッド・キンゼイ、リビドー、性同一性、同性愛
【土】ライフスタイルと予防医学ボトックス、子宮がん検査、抗酸化物質、コレステロール
【日】歴史ヒポクラテス、ロボット支援手術、レーシック手術、DNA、輸血、臓器移植


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: