本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「超メンタルアップ10秒習慣 心がどんどん強くなる」飯山晄朗

(2020年2月28日)|

【私の評価】★★★★☆(83点)


■メンタルコーチが教える
 心を強くする方法です。


 著者は、
 女子スピードスケートの高木選手、
 石川県高校野球の星稜高校、
 女子プロテニスの日比野選手などの
 メンタルコーチをしているという。


 勝負で勝つためには、ルーティンを決める。
 気持ちを切り替えるスイッチを作る。
 これらは自己暗示に近いものでしょう。


・行動が変わるから心が変わる・・・女子プロテニスプレイヤー・・強気の気持ちをつくれるように、「言葉や動作」で気持ちを切り替えるスイッチをつくっておくのです(p28)


■面白いのは、苦しい状況で
 プラスの気持ちを持ち続けるための
 テクニックでした。


 苦しい状況で「面白くなってきた」
 「このことから何を学べるのだろう」
 と言ってみる。


 喜ばせたい人。笑顔にしたい人は
 だれか考えてみる。
 人は自分のためだけには
 頑張れないのです。


・苦しい場面では、気持ちをプラスに切り替えるために「面白くなってきた」と言って笑顔をつくってみましょう(p51)


■その時は耐えられないくらい
 苦しくても、振り返ってみれば
 自分が一番成長しているのが
 苦難・挫折です。


 苦しいときに諦めてしまうのが普通の人。
 簡単に諦めてしまうようでは
 卓越した人にはなれないのでしょう。


 耐えられる人になるための
 ヒントがこの本にあると思いました。


 飯山さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・毎日「1」積み上げる・・なりたい自分を描いて何を足すかを考えた結論が、毎日ブログ、メルマガを書くことでした(p47)


・「人のせい」にしそうになったら・・・「このことから何を学べと言っているのだろう」こういった問いかけをすることで、起きたことを受け入れやすくなります(p75)


・喜ばせたい人、笑顔にしたい人は誰でしょうか?また、それはなぜでしょうか?それを明確にすると「最後まで諦めない力」が身につきますよ(p63)


・飲んで愚痴や不満を言ったり、誰かの悪口を言い合うような場にいてはいけません(p81)


・小さなボランティアをしてみる・・・相手の反応は二の次で、あくまで自分がワクワクするため、というスタンスで取り組むといいでしょう(p89)


・「会社の問題探しゲーム」をしてみましょう・・自分なら問題をどのように解決していくか具体策を考えるのです(p127)


・朝起きたら、ベッドで腹筋する歯を磨きながら、スクワットする帰宅したら、ストレッチすると・・毎日必ず行なう行動と結びつけて、続けられる工夫をしてみましょう(p139)


・嫌な人は「新種の珍獣」だと考えてみる・・・「地球外生物だ!」などと楽しんでいると、ちこちに珍獣が潜んでいることがわかります(p71)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



飯山 晄朗、大和書房

【私の評価】★★★★☆(83点)


[楽天ブックスで購入する]



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

第1章 心の弱さを解消する
第2章 人間関係疲れをなくす
第3章 真のポジティブ思考を得る
第4章 目標達成への近道
第5章 行動する自分になる


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: