本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「世界で一番やさしい会議の教科書 実践編」榊巻亮

(2020年2月 3日)|

【私の評価】★★★★☆(84点)


■組織における会議の基本を
 教えてくれる一冊です。


 会議の基本とは、次のとおり。
 1 終了時に決まったことを確認する
 2 開始時にゴールを決めておく
 3 開始時に時間配分を確認する
 4 議論を可視化する
 5 会議前に準備する
 6 全員から主張を引きだす
 7 合意を形成する
 8 会議後に振り返りをする


 8以外は会議の基本として
 誰もがやっている内容かもしれませんが、
 徹底することで意見のまとまりが
 良くなるのではないでしょうか。


・基本動作1終了時に、決まったこととやるべきことを確認する(p19)


■面白い点は、ホワイトボードや
 壁一面に書き出した「スクライブ」の
 例が数多く示されていること。


 百聞は一見に如かず。
 実際に書いてあるものを見ると、
 実にわかりやすい、
 と理解できるのです。


 この書き出した「スクライブ」を
 印刷すれば議事録になるので
 共有化することも簡単です。


・議論の可視化では「発言をありのままに書く」ことが大切だ・・紙でもいいし、ホワイトボードでもいい・・参加者全員が見えるようにメモを取ること・・(p45)


■会議はどの組織でもあるので、
 非常に重要な内容だと思いました。


 会議のレベルを高めることは
 決めるべきことを決める組織への
 第一歩なのでしょう。


 中にはリーダーの足を引っぱるために
 会議でいちゃもんをつけてくる人も
 いますので、そうした人への
 対策にもなると思いました。


 榊巻さん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・基本動作3開始時に、時間配分を確認する・・大事なのは会議の参加者に常に「終わりの時間を気にしてもらうこと」・・心理学的には「締め切り効果」といわれている(p34)


・ファシリテーターはいきなり相手の意見を否定したりせず、まずは受け止めて発言に共感する・・・具体的にはどんなイメージなのでしょうか?・・・なぜそう思ったのだろうか。まだ疑問が残る・・3つの質問で発言者に対する理解を深め、会議にリズムを作っていく(p95)


・基本動作6・・発言して良かったと思ってもらう・・・最初のうちは的外れな発言が数多く出てくる。どうにも褒められない発言だってあるだろう・・・「発言してくれたこと」に感謝すればよい(p97)


・氷山の上に見えている意見やアイデアは、その人の過去の経験や価値観が土台となって出てきているはずだ。ここを同じく・・「なぜそう思うのですか?」の質問でほも解いていく(p101)


・対策2全体像を示してから各論に入る・・対策1の通り、考えるべきことを小さく切り分けることで思考の効率は上げられる。だが小さくしすぎて議論の全体像を見失うと、かえって迷いが生じてしまう(p134)


・対策2:「読み上げ」をやめる・・資料を作るのは良いことだ。でも会議の場で資料を読み上げる必要があるだろうか・・・読み上げると10分かかる内容なら黙読なら3分で済む(p158)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



榊巻亮、日経BP

【私の評価】★★★★☆(84点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章:「会議ファシリテーション」とは何か
第2章:8つの基本動作と「確認する」ファシリテーション
第3章:「書く」ファシリテーションとスクライブ
第4章:「準備する」ファシリテーションと4つのP
第5章:「矢面に立つ」ファシリテーションと合意形成の氷山モデル
第6章:ファシリテーターの7つの心構え
第7章:会議のよくある18の困り事と対策
第8章:議論を促進する簡単な3つの「図解と構造化」
第9章:定着の4段サイクルと浸透の6つのパターン



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: