人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「龍神ガガの人生相談」小野寺S一貴

2019/09/05公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

龍神ガガの人生相談


【私の評価】★★★★☆(83点)


要約と感想レビュー

 妻に取り付いた龍神ガガが、人間の悩みにお答えする形の一冊です。悩みにはいろいろなレベルのものがあって、そのレベルによって解決法は違います。まず低いレベルは、努力によって自分を変えることで解決できる。悩んでいるだけでなく自ら一歩を踏み出せば、自分を成長させることができるのです。


 龍神ガガは、「行動せんから不安になるのだ。動け動け、運命は自分で動かすのだよ」と教えてくれるのです。動いてはじめのうちは緊張して、うまくいかないこともあるでしょう。人は場数を踏むことで成長するのです。


・お悩み・・大事なプレゼンのとき、いつもあがってしまい力を発揮できません・・長年人間を見続けてきたが、良い講演を行っているヤツ、人を魅了する話をするヤツは、共通して「徹底的に練習している」のだ(p67)


 次のレベルは「嫌われる勇気」を持つことです。完璧な人間は存在しませんので、すべての人に好かれることは不可能です。そもそも、すべての人に好かれる必要もありません。無理してまで好かれる必要はないのです。NOと言うべきときはNOと言いましょう。


 例えば、ママ友だからといって、みんなと「仲の良い友だち」になる必要はないのです。ママ友だって子どもを教育するうえで必要な関係であり、必要不可欠ではないと思えば少し楽になるという。さらに、姑や年上部下と対立することもあるでしょう。意地悪をされることもあるでしょう。龍神ガガは、「我慢をやめてすぐに姑と喧嘩をするがね。」とアドバイスしています。戦わずして自由はないというのです。


 ただし、一度やると決めたなら喜んで進んで引き受けることが大事です。嫌な仕事や面倒な仕事を押し付けられたとしても、そうした損な役回りは、後々に得をするのです。それは、喜んで損を引き受けた場合だけなのです。


・「本当はやりたくないけれど、断れなかった」「嫌だけど、仕方がなく」という姿勢では運気が巡ることはありません。ですから、そんなときはキッパリと「NO」と言うことが大事です(p72)


 最後は自分をさらに成長させていく段階です。自分は何をしたいのか、どうありたいのか、自立的に考えて、明るく元気に行動していく。そうした人には道が拓けてくると龍神ガガは教えてくれるのです。


 具体的には龍神ガガに願いを届けるノートを作ることを提案しています。絵や写真などを貼ってイメージし、具体的な目標を設定するのです。そして、書いた願い事を叶えるために小さな行動を起こすのです。


 全体として標準的な成功法則でした。間違いありません。小野寺さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・お悩み・・派遣社員です・・契約を来られないかと不安です・・これだけは負けない、という分野でトップになるように努力したまえ。道が拓けるだろう(p90)


・お悩み・・相手を怒らせてしまいます・・相手はお前を嫌いかもしれんがね。大人ならば、多少空気が読めなくても怒らぬものだ。生きていくうえでは空気を読むことも必要だが、無理して好かれる必要はない(p16)


・他人の目を気にせずにやりたまえ・・・周りの声を気にせずにやるべき仕事をできる人が、結果的に大きく出世しています(p85)


・教育の目的とは、「子どもが自立した社会人」になることです。ガガさんによれば、そのために必要なのが、
  ・自己肯定
  ・自己効力感
 のふたつなんだそうです(p99)


・劣等感を抱くということは、自分もそうなれると確信している証拠・・劣等感を抱くヤツはラッキーだ。気がついたらとことん磨け、磨けば光るがね(p169)


・本当に仲の良い関係になりたいと思ったら、自分をさらけ出してしまうことです(p21)


・同じレベルの人間とばかりつき合っているとたしかに心地よいだろう。しかし、そんななれ合いの関係ばかりでは、魂の成長など望めんのだ(p22)


・お悩み・・先日、父が亡くなりました・・我が言えることはただひとつ。お前が子どもで父親は幸せということさ(p216)


龍神ガガの人生相談
龍神ガガの人生相談
posted with Amazonアソシエイト at 19.09.04
小野寺S一貴
KADOKAWA (2019-06-27)
売り上げランキング: 43,487


【私の評価】★★★★☆(83点)


目次

第1章 人間関係・家庭のお悩み
第2章 仕事・勉強のお悩み
第3章 お金のお悩み
第4章 恋愛・結婚のお悩み
第5章 人生のお悩み



著者紹介

 小野寺S一貴(おのでら えす かずたか)・・・作家・古事記研究者、1974年、宮城県気仙沼市生まれ。仙台市在住。山形大学大学院理工学研究科修了。ソニーセミコンダクタにて14年、技術者として勤務。東日本大震災で故郷の被害を目の当たりにして、2011年の宮城県議会議員選挙に無所属で立候補するが惨敗。2016年春、妻ワカに付いた龍神ガガに導かれ、神社を巡り日本文化の素晴らしさを知る。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: