「スケートは人生だ!」宇都宮直子

| コメント(0) |

スケートは人生だ!

【私の評価】★★☆☆☆(62点)


■フィギュアスケートの世界を
 書いた一冊です。


 どのようなスポーツでも
 ルールの不透明さ、判定の疑念、
 練習の邪魔などはるようです。


 そうした中で羽生結弦、宇野昌磨、
 浅田真央のような世界の頂点に
 立つ人がいるのはすごい。


■宇都宮さんというスケートファンの
 思っていることを書いている本でした。


 宇都宮さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・羽生が、周囲を気にしないはずがない。中国で選手と衝突して怪我を負って以来あの人は人一倍、注意を払っています・・・長く、長くこの競技を見てきて、(故意であるか否かは別として、男女を問わず)進路妨害を「ある」と感じる(p39)


・アメリカのスコーバレー(1960年)が、佐藤(信夫)の初めての海外だった・・・『とてもいい演技ができた。でも、勝つのは彼ら(外国人選手)なんだよな』という思いです。スポーツですから、それはやはり不思議に思いましたね・・そういう時代があったのだ(p73)


・宇野昌磨に、「メダルを噛みましたか?」と訊いた人がいる。宇野はそれに、「何の意味があるんですか」と返答した(p166)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


スケートは人生だ!
スケートは人生だ!
posted with amazlet at 19.10.22
宇都宮直子
三賢社 (2019-04-24)
売り上げランキング: 376,405

【私の評価】★★☆☆☆(62点)



■目次

2015―2016シーズン
#01 悔しい、勝ちたい。だから、強くなる
#02 四回転は逆風の中で生まれた
#03「道」ものがたり
#04 悲しくないわけがない
#05 ボストン、魔の一日
#06 自分らしさを貫く
#07 道はひとつではない
#08 宇野昌磨、十八歳

2016―2017シーズン
#9 転んでばかりいた少年
#10 メディアデー
#11「冬のダンス」に挑む
#12 優れたスケーターの話
#13 髙橋大輔はスターだ
#14 彼がリンクに帰ってきた
#15 トリプルアクセルの女王
#16 すごく頑張った人の言葉
#17 満知子先生が大好き
#18 記録より、記憶に残る演技を

2017―2018シーズン
#19 羽生結弦から目が離せない
#20 「SEIMEI」にすると決めていた
#21 ネイサン・チェンに会う
#22 「今も忘れていません」
#23「世紀のジャンプ」への挑戦
#24 夢を追いかけろ
#25 平昌の金メダリスト
#26 昌磨。昌磨。昌磨。
#27 メダルが誰の首にかかっていようと

2018―2019シーズン
#28 ルールがまた変わる
#29 アイスショーに揺さぶられる
#30 自分らしくあるために
#31「たいへん」がたくさん
#32 かなりの無理難題
#33 大人の風格
#34 彼は存分に戦える
#35 そして、未来へ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)