「宮中見聞録―昭和天皇にお仕えして」木下 道雄

|

宮中見聞録―昭和天皇にお仕えして

【私の評価】★★★★☆(80点)


■大正から宮内省に入り、
 終戦の昭和20年には侍従次長であった
 著者が伝える昭和天皇のエピソードです。


 天皇とは常に国民とともにあり、
 国民のために祈り、
 国家統一の象徴なのでしょう。


 もちろん宮内庁御用達というように
 天皇陛下は日本の製品を
 ご愛用されています。


・国産の時計は正確か、どうかというような
 ことで皆で話し合っていたところ・・・
 陛下は、無造作にズボンの右のポケットから、
 懐中時計をとりだされ、
 「わたしの、この時計は、12円50銭の
 国産品だけれども、よくあうよ」と、
 おうれしそうに皆に示された・・
 この時計は私が銀座のシチズンの店から
 買ってきたもの・・(p36)


■最初のページには、
 真っ暗な戦艦の甲板の上で
 挙手敬礼の天皇陛下の絵が
 挿入されています。


 これは陸軍の演習が九州で行われたとき、
 演習終了後、鹿児島から軍艦で横須賀へ
 移動されたときのこと。


 近くの漁民が天皇陛下に少しでも
 近付こうと近づいてくることがあるので
 監視のために甲板に出てみると、
 真っ暗な中で一人挙手敬礼している人がいる。


 なんと、天皇陛下ではないか!


 天皇陛下は、九州の山々に光る
 多くの篝火(かがりび)にただ一人
 最敬礼をしていたのです。


・汽車で鹿児島へ、鹿児島からは軍艦榛名で
 横須賀へ向かわせられたことがあった・・
 後甲板の上は、まことに暗く・・
 私の眼にうつったのが・・西を向いて立っている、
 ひとりの人の後ろ姿であった・・・
 挙手敬礼のうしろ姿。ハテ、今ごろ、誰が、
 と思って、近づいてみると、こは、いかに、
 陛下ではないか・・陸からは軍艦の姿は見えないが・・・
 若者たちは山々に登って篝火をたき、
 半島に住む村びとと、こぞって
 陛下をお見送りしているのである(p82)


■先の大戦が、昭和天皇の判断で
 終戦を迎えたこと、
 マッカーサーに命乞いするのではなく、
 日本への援助をお願いしたというのは
 周知の事実です。


 二千年以上にわたり
 皇室というものが続いてきており、
 日本統合の象徴として
 これからも続いていくものと
 思いました。


 木下さん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・朝早くから、武装した約4万の青年の集団は、
 皇居の大手門外から九段下にかけて・・・
 大雨に打たれ、寒風にさらされ、式の開始を
 長い間、待っていたのだ。からだは濡れに
 ぬれて冷えきっている。眠気はでる。腹はへる・・
 そこに今の伝令の声、思召(おぼしめし)による
 天幕の撤去、裏を返せば、君たちが濡れるなら、
 わたしも濡れようという陛下のお声だ(p60)


・昭和20年8月15日、終戦のときにも・・
 当時お詠みになったお歌を後で拝見させていただいたので、
 四首ここに載させていただく。
  爆撃にたふれゆく民の上をおもひ
     いくさとめけり身はいかならむとも
  身はいかになるともいくさとどめけり
     ただたふれゆく民をおもいて
  国がらをただ守らんといばら道
     すすみゆくともいくさとめけり
  外国(とつくに)と離れ小島にのこる民の
     うへやすかれとただいのるなり(p91)


・陛下が、日本占領軍の総大将マッカーサー元帥と
 初めてお会いになったのは、
 昭和20年の9月27日のことで・・
 このご会見は、会談の内容は一切厳秘に付する
 堅い約束の下に行われたものであるから、
 マ元帥は幕僚も遠ざけ、只一人。
 陛下も通訳一人の外、何ぴともおつれにならず、
 真に一対一の御会見であった(p102)


・良識さえ、しっかりしていたならば、
 このたびの悲惨な戦争も起こらなかったのでは
 なかろうか、現に開戦前に、戦うことの不利を
 主張した多くの憂国の非戦論があったではないか。
 然るに、残念ながら、これらの非戦論は国民の
 輿論(よろん)のために圧倒され、
 葬られてしまった、というのが、
 陛下の御回顧である(p126)


・いくさに負けると、こんなにも人の気は
 弱くなるものか、とつくづく思う。
 ただただ、わが身の無事を祈って、
 何事も是非を論ぜず大勢順応。
 威勢のいい奴が、右と叫べば右に馳(はし)り、
 左といえば左に傾く。
 自由の気、自尊の風はどこにもない。
 なんと浅ましいことか(p193)


・思考は、見聞に、その焦点を授け、
 見聞は、また、思考の支柱となる(p18)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


宮中見聞録―昭和天皇にお仕えして
木下 道雄
日本教文社
売り上げランキング: 24,555

【私の評価】★★★★☆(80点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

見聞篇
思考篇



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)