本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「消された一家―北九州・連続監禁殺人事件」豊田 正義

本のソムリエ 2019/01/23メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)


【私の評価】★★★☆☆(75点)


要約と感想レビュー

 明るい人柄と巧みな話術で人を騙し、金をその家族から引き出し、虐待によって家族全員を奴隷にする。恐怖感から家族を支配し、家族同士を殺し合わせ、7人が殺され、解体された。こんな事件が九州で実際にあったのです。


 内縁の妻は、松永から電気ショックや暴力で虐待されながらも逆らえず、殺人の共犯となってしまいます。内縁の妻の父母もなぜか松永の言いなりとなり、お互いに殺し合い、死体を遺棄したというのです。


・男の名は、松永 太。妻の名は、緒方純子。二人は、福岡県久留米市内の高校の同級生だった。卒業後に交際を始めて内縁の夫婦となり、詐欺事件を起こして指名手配されてからは、・・逃亡生活を送っていた(p4)


 主犯の松永太(まつなが ふとし)は、関係ない人には、物腰やわらかで、話術もうまく、人を引きつける雰囲気を持っていたという。


 しかし、いったん自分の手の内に取り込むと暴力を振るう。弱みを見つけると「証明書」を書かせ、それをネタに脅す。命令し、気に食わないと電気ショックを与えていたという。こうした方法で自分に関わった人間を支配し、詐欺行為をさせ、最後には家族同士で殺し合いをさせたのです。


・すでに恋人時代から松永の暴力は始まっていた。些細なことをきっかけに、殴られ、蹴られ、髪の毛をつかんで引きずり回された。最初のうちこそ、暴力を振るった後に「絶対にもうやらない」などと言っていた松永も、次第に態度を変えていく(p73)


 自分には考えられませんが、学校でいじめがなくならず、職場でパワハラがなくならないのも同じ構造なのかもしれないと思いました。さすがに直接暴力や電気ショックは使いませんが、集団の言葉や態度で相手を精神的に追い詰め、自殺させる。


 犯罪として立件させないという点では、この本の犯人よりも狡猾なのかもしれません。豊田さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・夫や恋人から壮絶な暴力を受けた被害者であるはずの女性が、最終的に加害者(共犯者)となって殺人などの凶悪犯罪を犯す・・・「なぜ彼女は逃げなかったのか?」(p5)


・松永は『宮崎』と名乗っていました。物腰や口調が柔らかくて、愛想が良くて、女っぽい感じでしたね。(p88)


・バットで叩かれたか、もしくは腹に膝蹴りを受けたことで、純子は膵臓を痛め、のたうちまわって苦しんだ末に入院したときには、担当医が純子の身体に多数のあざがあることを不審に思って警察に通報し・・任意同行を求め・・しかし数時間後、松永はなに喰わぬ顔で戻ってきた(p76)


・松永が用意したアパートに住み始めた彼女は、その直後から松永の暴力の標的となり、三人の子供の教育費などを理由に親や前夫へ金を無心するよう強要され、1180万円を松永に貢いだ。ついにその女性は、大分県の別府湾に飛び込み自殺をしてしまう(p84)


・松永にかかると子供さえも支配の道具にされてしまう。まず彼は「自分らが捕まって犯罪者の子供になるくらいなら逃げたほうがいい」と繰り返し主張した。母親は「子供のため」というフレーズに弱い・・松永は逮捕後も弁護士を介して「子供のために黙秘しろ」というメッセージを純子に届けている(p85)


・松永は「金を払え!」「金を作ってこい!」と恫喝するような単純な方法はとらなかった・・・『これはお金を作ってこいと言っているんだな』と思わせるような、遠まわしな物言いをして通電を繰り返しました」と、純子は言っている。相手を誘導して、最終的な決断はかならず本人に下させ、自分は責任を取らない。松永のポリシーは、虐待をするときにおいても、徹底して貫かれた(p101)


・松永は『あいつは口を割りそうなので、処分せんといかん』と緒方に言っていました・・『口を割る』とは、緒方の家族が殺されたという秘密をばらすことだと思いました。『処分する』とは、『殺す』という意味だと思いました。私は『死体を解体するのを手伝わされる。嫌だ、嫌だ』と思いました(p236)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)
消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 19.01.22
豊田 正義
新潮社
売り上げランキング: 9,602


【私の評価】★★★☆☆(75点)



目次

第1章 十七歳の少女
第2章 松永太と緒方純子
第3章 一人目
第4章 緒方一家
第5章 二人、三人、四人目
第6章 五人、六人、七人目
第7章 松永太の話
第8章 消される二人



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: