「バナナを逆からむいてみたら」アーチャン・ブラーム

|

バナナを逆からむいてみたら ー 人生の視点を変えるレッスン

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■日本人的な思考だな~と思ったら、
 著者はケンブリッジ大学卒の理系イギリス人で、
 仏教を学び瞑想を教えているという。


 現在はオーストラリアのパースで
 ヒーリングキャンプ(瞑想)や
 講演をしているらしい。


 完全な人間なんていないんだよ、
 という認識は不完全な自分を許すという
 悟りのようなものなのでしょうか。


・完全無欠な人間なんていない。
 欠点があってもいい。
 それが当たり前で、美しい(p146)


■禅では、中国の故事から
 「人間万事塞翁馬」といって、
 「無用の用」を教えます。


 たとえ、不運なことがあっても
 結果して良い運命に
 つながっているかもしれない。


 役に立たないように見えて
 役に立つのかもしれない。


 人生に無駄なことはないのです。


・もしあなたがイヌのフンを踏んでしまったら、
 不愉快に思うことなく、ほほえみを浮かべて
 帰宅しましょう。そして、自宅の庭にある
 リンゴの木の下で汚れを落としましょう・・
 イヌのフンがジューシーでおいしいリンゴに
 変化したのです(p21)


■普通の幸せの考え方に思えましたが、
 イギリス人が教えているというところに
 インパクトがあるのでしょうか。


 キリスト教の人から見れば
 仏教の教えは
 新鮮に見えるのかもしれません。


 ブラームさん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・たいていの人はバナナをつけ根の
 果柄(かへい)のほうからむきますね?
 でも、「バナナの専門家」である
 サルはそうではありません。
 先端からむくのです・・はるかにラク(p4)


・イヤな記憶は削除!・・・
 そのかわり、実際のアルバムと同じような、
 幸せの記憶を入れましょう(p19)


・タクシーが道に迷ってしまったのです・・
 男性はフライトに遅れるのではないかと
 心配になって、イライラしてきました・・・
 おかげで飛行機に乗りそこねたじゃないか・・
 ですがそのとき空を見上げると、離陸した
 ばかりの飛行機は高度をぐんぐん下げて、
 とうとう墜落してしまったのです・・・
 君はすばらしいタクシードライバーだ!(p27)


・ストレスがたまってきたら
 無理しないで休憩をとる。
 これがパフォーマンスを上げる秘策(p88)


・自分の一番の友は、自分。
 その友に、「~しなさい」「~すべき」と
 命じてばかりいませんか?
 もっと友の声に耳を傾けよう(p36)


・「今ここにいること」を大切にしていますか?
 「あれしなくちゃ」「これしなくちゃ」
 と追われていませんか?(p62)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


バナナを逆からむいてみたら ー 人生の視点を変えるレッスン
アーチャン・ブラーム
主婦の友社
売り上げランキング: 202,867

【私の評価】★★★☆☆(71点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

第1章 すべてがうまくいく心の持ち方
第2章 人生で本当に大切にしたいもの
第3章 手放すことはコワイけれど、手放せばラクになる
第4章 人間関係の悩みがなくなる
第5章 不安のない穏やかな心でいるために
おわりに 「幸せになるライセンス」



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)