本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「殺されたゴッホ」マリアンヌ・ジェグレ

(2017年9月23日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

殺されたゴッホ (小学館文庫)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■自殺したとされるゴッホの死因は、
 自殺ではなく他殺ではなかったのか、
 という仮定のもとに書かれた小説です。


 売れない画家のゴッホは、
 弟のテオの支援で生活し、
 絵を描いていました。


 さらにテオの支援で可能となった
 先鋭画家のゴーギャンとの共同生活さえ
 うまくいかない。


■ゴッホはイジメられやすい、
 誤解を受けやすい、オドオドした
 自己評価の低い人間でした。


 その挫折と心の動きを読みながら、
 絵を見ることで
 ゴッホが身近に感じました。


 ジェグレさん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・フィンセントの絵は主題が受けないし、
 仕上げ方も常識をはずれている。
 あふれんばかりの色彩も動きださんばかりの風景も、
 この店に来る客には喜ばれない・・
 熟練の技が評価されるのだが、
 フィンセントの絵はというと、
 やっつけ仕事にしか見えない(p47)


・フィンセントの耳に聞こえてくる声は、
 父親を失望させたこと、
 何ひとつ満足させずに父親を
 死なせたことを責める。
 それから何度も家の名を汚したことを責め、
 親戚がいろいろ手を差し伸べてくれたのに、
 その期待にまったく
 応えられなかったことを責める(p229)


・一日も休まずに描いていれば、
 何かを未来につなげられるかもしれないと
 思うのさ(p319)


・<歯も抜け、息もできなくなったとき、
 わたしは絵を手に入れた>・・
 なかば放心状態で、ただドラクロワの
 この言葉が頭の中を駆け巡っていた(p366)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


殺されたゴッホ (小学館文庫)
殺されたゴッホ (小学館文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 17.12.05
マリアンヌ ジェグレ 圀府寺 司
小学館 (2017-10-06)
売り上げランキング: 13,251

【私の評価】★★★☆☆(77点)



■目次

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: