本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方」赤羽 雄二

(2015年6月 4日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方

【私の評価】★★★★☆(85点)


■考えが浅く、
 自信がなさそうで、
 突っ込まれやすい人のための
 一冊です。


 上司から見ると、
 なぜか突っ込みどころが
 分かってしまう。


 そして、
 そこを突っ込まれると、
 やはり答えられない。


 これでは
 信頼度は低下してしまいます。


・「考えが浅い」と二度と言われないためには、
 常に「なるほど、そうか」と思えるレベルまで
 考える
ようにしておく、ということに尽きます(p17)


■そうならないためには、
 あらゆる質問に答えられるくらい、
 その点について調べ、
 理解しておくこと。


 すべてを調べることはできませんが、
 普通の人より一歩深く
 調べてみるのです。


 そうすると、
 質問されても
 どうどうと答えられるのです。


・これまでより一歩踏み込んで考えてみる・・
 すべてに関して自分の意見を
 持つようにすることが大切です(p52)


■結局、自信を持てるだけ
 準備することが大事だと思いました。


 そこまで準備すれば、
 どうどうと説明できますし、
 そういう時は突っ込まれません。


 赤羽さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「考えが浅い」「表面的だ」と
 一度でも言われたことがある人は、
 試しに、考えたことを事前に第三者に
 話してみて、「なるほどね!」と
 言ってもらえるかどうか

 確認することをお勧めしています(p18)


・質問された時は、できるだけ間を空けず、
 さっと即答すると相手の印象が
 かなり良くなります(p138)


・ネットで調べたり人の話を聞いて
 感心することがあったら、
 すぐに周りの人に話すことは
 とても効果的です(p37)


・会議・ミーティングで効果的に発言するためには、
 何を言うべきか、どういうことを聞かれる
 可能性があって、その場合どう答えるべきか

 「発言予定メモ」にさっと書きとめておくと
 安心できます(p72)


・「論理的」という言葉を振りかざす人は
 よくいます。学歴や頭の良さを自慢する
 同僚、後輩などです(p122)


・「自分のほうが正しい。あなたの考えは甘い」
 とアピールしたがる人・・
 「さすがですね。お願いですが、ぜひこれを
 やってもらえませんか?・・・」
 相手を立てながら上手く動いてもらう(p128)


頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方
頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方
posted with Amazonアソシエイト at 15.06.03
赤羽 雄二
ベストセラーズ
売り上げランキング: 724

【私の評価】★★★★☆(85点)



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

Prologue 考えが浅く自信がないと突っ込まれやすい
1 普段から考える癖をつけておく
2 自分の意見を持ち、発言することで対応力がつく
3 「発言予定メモ」を書き、「予行演習」をしておく
4 論理的かどうかは気にしなくて良い
5 突っ込まれても、余裕を持って立て直す
6 質問にはできるだけ即答する
7 相手の話をしっかり開く
8 問題把握・解決力を鍛えておく


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: