「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」森岡 毅

| コメント(0) |

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

【私の評価】★★★★☆(88点)


■ハリーポッター投入で
 非常に元気なユニバーサル・スタジオ・ジャパンですが、
 著者の森岡さんが計画したものです。


 マーケティング執行役員として、
 アイデアを連発して、入場者数を
 年間700万人→1000万人に引き上げました。


 今年はハリーポッターが投入されますので、
 1200万人はいくのではないでしょうか。


・1段目のロケットは、・・「家族連れ客(ファミリー)」を取り込むこと。2段目のロケットは、遠方からゲストを集客できる「ものすごい何か」を作って関西依存の集客から脱却すること。・・3段目のロケットは・・・(p26)


■アイデアの源泉は、
 森岡さん自身がゲームや
 パークが好きであること。


 そして世界の娯楽施設を
 見て体験していること。


 インプットがはんぱないです。


 そして、アイデアだしでは、
 目的と条件を設定したうえで、
 徹底的に考えています。


 考えすぎて歩いていて、
 頭をぶつけることも。


・真っ先に私がやったことは、アイデアが世の中に落ちていないか調べることでした。世界中のパークやエンターテイメント施設でやっていることをもう一度理解して、我々のリノベーションに応用・・(p126)


■これだけアイデアマンの森岡さんですから、
 いかに反対の人を説得したのか、
 もっと詳しく教えてほしいと思いました。


 上も下も反対でどうやって説得するのか。


 私の場合、どうしても
 引いてしまう場合が多いので。


 やる気のない人は非常に強いので、
 修行が必要なのです。


 森岡さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「ならばいっそのこと、世界一のクリスマスツリーにしよう・・高さ36メートルのツリーを33万個のLEDで飾り、ギネス認定の「世界一の光のツリー」にしたのです(p96)


・別料金(4000円程度)でゾンビに遭遇するイベントをひっそりとやっていたのです・・・アイデアは「ハロウィーン・ホラー・ナイト」として実現されました(p73)


・「モンスターハンターポータブル 2nd G」をその週末に買い込んで、とりあえず自分自身でハンターライフを送ることにしました・・・ファンがパークに来場して泣くほど感動してくれるだろうか?(p84)


・それを実現させていくことへの戦術段階での細部の注意が足らずに、せっかくのアイデアが実らなかったことがよくありました。・・絵にするところで失敗したり、大きなプロジェクトでTVCMまで強力に準備できたのに、店頭展開プランへの注意が手薄で勝利が半減・・(p188)


・後ろ向きコースターのアイデアがそんなに消費者にウケる素晴らしいアイデアならば、世界中にいるコースターの専門家が既に思いついているはずです。どこにもそんな後ろ向きの高速コースターが存在しないことを見れば、それをやらない方が良い理由が必ずあるはずです(p140)


USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?
森岡 毅
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 307

【私の評価】★★★★☆(88点)


■目次

プロローグ: 私は奇跡という言葉が好きではありません
第1章: 窮地に立たされたユニバーサル・スタジオ・ジャパン
第2章: 金がない、さあどうする? アイデアを捻り出せ!
第3章: 万策尽きたか! いやまだ情熱という武器がある
第4章: ターゲットを疑え! 取りこぼしていた大きな客層
第5章: アイデアは必ずどこかに埋まっている
第6章: アイデアの神様を呼ぶ方法
第7章: 新たなチャレンジを恐れるな! ハリー・ポッターとUSJの未来
エピローグ: ユニバーサル・スタジオ・ジャパンはなぜ攻め続けるのか?


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)