「「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方」岩田 松雄

| コメント(0) |

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

【私の評価】★★★★☆(82点)


■コカコーラ役員からスターバックス社長まで務めた
 著者の一冊です。


 著者はふつうのおじさんと言っていますが、
 とにかく組織のために動く人と感じました。


 現場に行き、
 みんなの意見を聞き、
 スローガンを作り、
 士気を高めていくタイプなのです。


・みんなのために今、何をすべきか。
 それを考えて行動していたら、自然と
 リーダー的な役割をしていることが
 増えていったのです(p20)


■何も変えなければ、結果は変わりません。


 著者はだいたい三カ月単位で
 仕事を把握し、仕事を変えていく。


 最初の三カ月は、現場の把握と、
 人心の掌握に必要な時間となります。


三カ月でおおよその概要をつかむことです。
 そして、ひとつのアウトプットを出す。
 レポートでもいいですし、新たな戦略の構想でもいい。
 そして次の三カ月で、それを実践に移す。(p118)


■この本で特に強調されていたのが、
 人事の話です。


 過去の経験から、
 いやな思いをしたことがあるのでしょう。


 上にいい顔をして
 下にひどい対応をしている人を
 いかに排除するか工夫しているとのことでした。


・上にばかりいい顔をする、という人が存在します。
 なのに、部下にひどい対応をしたりしている・・・
 自分で部下の評価をするときには、
 自分で部下の部下の意見も聞かないとダメだ、
 と思うようになりました(p108)


■コミュニケーションの大切さを
 感じさせてくれる一冊でした。


 とにかく声をかけよう!


 岩田さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・やっかいな問題のときには、
 「あなたでさえ」というニュアンスで叱ります(p83)


・社長になっても同じです。現場のスタッフにまで、
 どのくらい関心を持てるか、気を配れるか。
 その意識が問われてくる。(p97)


・部下や後輩には、・・・
 「これは部長会の資料として必要なので」
 「部長からはこんなことが求められていて」
 「いついつまでに」という背景を説明していました(p105)


・協調性もなく、リーダーの言うことも聞いてくれない。
 平気でチームの和を乱してしまったりする。それでも、
 ちゃんと自分の結果を出している、と自己PRもうまい・・・
 こういう部下を評価したり、抜擢したりしてもいいものか。
 私の答えはノーです(p123)


・「人を信じてもいいけれど、人のすることを信じてはいけない」・・
 さりげなく、「あれはどうなった?」「大丈夫だった?」と
 こまめに報告を求める。(p139)


・何かの報告を受けるとき、私がいつも部下にお願いしていたのは、
 「事実と判断は分けてくれ」ということでした。・・・
 まずは、事実を聞く。その上で、それについて
 部下はどう思ったのか、を聞く(p141)


・意思決定を求められて、答えはGOだとわかっていたとしても、
 一旦、やり直しを命ずることもありました。・・・
 この程度の準備で通ってしまうのか、と勘違いされても
 困ってしまうからです(p153)


・大きな決断は、時に誰かを傷つけたり、
 困らせたりすることになります・・・
 リーダーは恨みに任ずる覚悟が必要です(p160)


「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方
岩田 松雄
サンマーク出版
売り上げランキング: 467

【私の評価】★★★★☆(82点)


■目次

第1章 リーダーは、かっこいいとは限らない
第2章 リーダーは、饒舌でなくてもかまわない
第3章 リーダーは、部下と飲みに行かない
第4章 リーダーは、人のすることは信じてはいけない
第5章 リーダーは、立ち止まらなければいけない
第6章 リーダーは、多読家である必要はない
第7章 リーダーは、弱くてもかまわない


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)