「ポジティブの教科書」武田 双雲

|

ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則

【私の評価】★★★★☆(87点)


■最近、テレビで見かける双雲先生の一冊。


 双雲先生は、NTTのサラリーマンとして働いている時、
 なにか物足りなかった。


 「書道で飯が食えるんじゃね」
 という先輩のひと言で、
 二十五歳の双雲先生は、書道の道に入りました。


 それ以来、毎日、楽しく、
 幸せに生きているそうです。


・僕が成功者としてここで並べた人の共通点・・・
 1 好きなことをやっている
 2 自分の人生を能動的に生きている。
 3 世間の評価軸で生きていない。
 4 お金からの自由(p224)


■双雲先生の秘密は、
 書きまくり、祈りまくること。


 「仕事も家庭も、毎日元気が溢れてくる」
 と書きまくる。


 布団で「感謝」を祈りまくる。


 そうやって双雲先生は、
 不安とピンチをプラスの波動に
 変換してきたのです。


・僕は、ネガティブになりやすい布団の中を、
 「感謝と祈りの場
」とすることで、
 大きく人生がプラスに変化しました(p134)


■双雲先生も、
 普通の人なのだと感じました。


 だれでも不安があり、悩みがある。
 イライラすることもある。


 それをプラス変換する手法を知っていたから、
 テレビに出られるまでになったのかも。


 双雲先生、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「やりたいことがわからない」という人は、
 とにかく目の前のことに全力投球してみましょう。
 仕事にせよ、勉強にせよ、
 今あなたの目の前に与えられたということは、
 何か意味があることだと思うのです(p55)


・早起きを楽しむ・・・
  ■寝る前に、朝、爽やかに起きるイメージを抱きながら寝る。
  ■「朝は得意です」とウソをつく。・・・
 克服にまでに、かかった期間は、7日です(p292)


・カチンとくることがあります。
 愚痴りたくなることがあります。
 そういう時、「カチンときた!」と
 小さく声に出してみましょう(p166)


・ピンチな時に「もし俺が神様だったら」
 「もし私がベッキーだったら」
 「もし所ジョージさんだったら」
 みたいな感じで別のキャラクターだったら
 「この壁をどう乗り越えるか」
 と考えるのです(p191)


・「主語を置き換える」・・・
 「君のこういうところを直してほしい・・」・・
 「僕はあなたがこうした時に悲しく感じるんだけど」(p236)


相手を変えようとすればするほど関係が悪化する原因は、
 相手の悪い部分に意識が集中しているからです・・・
 どこを伸ばせるか、どうなればいいかをイメージする(p77)


【私の評価】★★★★☆(87点)



■目次

第1章 感謝
第2章 とらえ方
第3章 人間関係
第4章 不安
第5章 苛々
第6章 行動
第7章 ヴィジョン
第8章 言葉
第9章 気づく
第10章 上機嫌
第11章 与える


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)