「ビデオマーケティングはテレビ通販から学べ!」ジョセフ・シュガーマン

|

ビデオマーケティングはテレビ通販から学べ!

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■サングラスを2000万本も売ったという
 テレビ通販の裏側を学びます。


 日本でもテレビ通販がありますが、
 その裏側も似たようなものかも。


 まず、商品の選択においては、
 まず安い媒体でテストします。


 つまり、何を売るかではなく、
 売れるものを売るのです。


・インフォマーシャルに莫大な費用を投じる前に、
 まず印刷広告で商品を試す(p59)


■売れるのであれば、
 だんだんと値段の高い媒体に
 移行していきます。


 その究極がテレビ通販なのでしょう。


 テレビ局への支払いの他に、
 番組制作費として1000万円以上は
 かかるようです。


 これを回収できるだけの
 売上が必要となります。


 場合によっては広告宣伝費が、
 コストの半分に達する場合もあるようです。


・製作会社に頼むと、自分でやるよりもかなり費用がかさむ。
 最低でも25万ドルはかかり、
 これは自分でやる場合の約3倍に相当する・・・(p244)


■テレビ通販で利益が出れば、
 テレビでの露出を継続して、
 全国ブランドがつくれればベスト。


 ここまでくる商品はごく一部なのでしょう。


 シュガーマンさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ブルー・ブロッカー・サングラスの印刷広告は
 即座に効果を現した。わが社で打っていた広告のうち、
 実際に成果が出るのは何百回に1回のことだった(p26)


最初は低い価格で見込み客を「引き付け」、
 後で価格を上げる(p68)


・テレビでの要は、視聴者に見続けてもらうことだ・・
 冒頭では商品やサービスは関係ない。視聴者を見る気にさせ、
 最後まで見てもらうという目的にひたすらフォーカスしよう・・・ 
 有効な方法の1つに、エンターテイメントを使うと・・(p195)


・インフォマーシャル政策者の究極のゴールは、
 自社商品が、全米に知れわたった全国ブランドになり、
 世界中の小売店で売れるようになることだ(p289)


・どんな時代でも割安話はころがっている・・・
 媒体料金は、要するに需要と供給の関係であり、
 時と場合によって激しく変動するのだ(p265)


ビデオマーケティングはテレビ通販から学べ!
ジョセフ・シュガーマン
ダイレクト出版株式会社

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■目次

まえがき テレビの力

第1部 実戦経験
第1章 テレビの世界に飛び込む
第2章 もう1つのサングラス
第3章 未来のサングラス?
第4章 誰に出演してもらうか
第5章 魔法の商品――成功と失敗の裏側
第6章 今だからやれること
第7章 革命の時代
第8章 QVCとの蜜月期
第9章 新たな目標――QVCスタイルの模索
第10章 自己改革――わくわくを求めて
第11章 キャンペーンへの期待
第12章 夢の企画――スターへ手を伸ばす
第13章 世界に広がる新たな市場
第14章 次なる大ヒット商品
第15章 長寿商品の秘密――そして、QVCの舞台裏
第16章 マンネリを打破する

第2部 テレビマーケティングその秘密
第17章 テレビ通販への出品
第18章 出品プロセス――複雑な迷路の抜け方
第19章 脚本術──3部構成の映画を作る
第20章 グルー・ファクター
第21章 面白さこそ不可欠
第22章 好奇心を味方にする
第23章 番組作りの重要原則
第24章 台本の作成
第25章 買うタイミング
第26章 商品が王様
第27章 番組製作の実際
第28章 現場を指揮する
第29章 編集の課題
第30章 媒体の購入交渉
第31章 毎回がテスト放送
第32章 バックエンドでさらに売る
第33章 まだある最強の秘訣
第34章 印刷広告との共通点
第35章 スポット広告
第36章 店頭販売を支える
第37章 便乗業者との戦い
第38章 取り逃したチャンス
第39章 成功という名の地雷
第40章 成功力

あとがき 歴史は繰り返す


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)