「とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト) ―データ分析のはじめかた」石田 基広

|

とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト) ―データ分析のはじめかた―

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■統計は仕事で使えます。


 お客様の傾向はどうか。


 アンケートを取るなら、どれくらいのサンプル数?


 そうした判断をするときに
 統計の知識が必要なのです。


■統計の基本を
 この本で勉強しましょうね。


 石田さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・明日以降のお弁当の売上を予測したければ、
 平均からのバラツキを把握しておくことが重要なのです(p13)


・平均値のほうは飛び抜けて大きい、あるいは
 小さい値が入り込むと、それに引きずられるのです。
 ところが、中央値は、そういう外れた値に影響されることが
 少ないのです。バラツキ具体に強い数値ともいえます(p18)


・視聴率なんかも母集団から標本を採り出した調査の結果です。
 たとえば関東地方の視聴率では、約600世帯を調べているんだ
 そうです。(p56)


・ナイチンゲールさんは、看護婦さんとして従軍した際、
 兵士が死亡する原因が戦闘そのものよりも、傷を負って
 担ぎ込まれた野戦病院での処置にあることに気づいたそうです・・・
 そのことを実際のデータから証明した統計学者として
 ナイチンゲールさんは有名なんですよ(p172)


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)