「小泉進次郎の話す力」佐藤綾子

|

小泉進次郎の話す力

【私の評価】★★★★☆(83点)


■「小泉進次郎はすごいな!」と思っていましたが、
 ちょうどいいところで手にした一冊。


 小泉進次郎はスピーチの天才だと思いますが、
 定石をしっかり守ったうえでの
 天才だと感じました。


 まず、遊説する場合、
 その場所と自分のつながりを探します


・2010年2月27日/群馬県安中市
 「ここに来る前に、父と話をしてきたんですよ。
 実は群馬は、父が疎開をしていたところなんです」(p18)


■そして、話のネタ。


 政治の本質・王道を、
 わかりやすく訴える技術が、
 政治家に求められています。


 そういえば、お父さんも、

 「自民党をぶっ壊す」
 「抵抗勢力」
 「郵政改革」

 で、世論を動かしていましたね。


・2010年7月5日/愛媛県新居浜市
 「そこの若いお母さんたち、
  子ども手当もらって嬉しいでしょう?うれしいですよね」
 「将来1万3千円の負債を、その子が毎月受けるんです」(p27)


■間を置いた適切なスピードの話し方、
 人を引き付けるアイコンタクト
 そして、服装、表情まで定石どおり。


 これを進次郎はどこで学び、
 技術を磨いたのでしょうか。


 将来が楽しみです。


 佐藤さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・左右均等の視線で聴衆を飽きさせない・・・
 10分間中、自分のセンターから
 右へ35回、左へ33回(p63)


・聞きやすい日本人の平均的な話の速度は
 一分間に266文字です(p74)


・2001年5月7日/所信表明演説
 「『治にいて乱を忘れず』は政治の要諦であります。
 私は、いったん、国家国民に危機が迫った場合に、
 どういう体制を取るべきか検討を進めることは、
 政治の責任であると考えており、有事法制について、
 昨年の与党の考え方を十分に受け止め、
 検討を進めてまいります(小泉純一郎)(p105)


小泉進次郎の話す力
小泉進次郎の話す力
posted with amazlet at 13.08.12
佐藤綾子
幻冬舎
売り上げランキング: 47,509

【私の評価】★★★★☆(83点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 小泉進次郎―恐るべき俊才、爆発する演説力のDNA
第2章 小泉純一郎の訴求力―日本人ばなれした西洋型演説の天才
第3章 これがオバマの演説だ―「西洋型巻き込み演説」の真髄
エピローグ 「話す力」が国を救う


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)