「人前で5分以上自信を持って話せる方法」石川 光太郎

|

人前で5分以上自信を持って話せる方法

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■元NHKアナウンサーが教える
 人前で話すコツです。


 最初は、
 「あがらない方法」
 から始まります。


 アナウンサーでも緊張するんですね。


・「緊張しない人なんていないんじゃないかな。
 逆に緊張していないとミスを犯すと思った方がいい。
 "良い緊張"は必要だ」と彼は教えてくれたのです(p22)


■結局は「準備」が大事であると思いました。


 原稿を準備する。

 実際に話してみて、録音して、聞いてみる。

 修正する。

 これを繰り返すのです。


・話す練習の一環として、録音をしたり録画することを
 してみることをおすすめします(p65)


■これはスピーチだけではなく、
 人生すべて準備だな、と思いました。


 その結果が良くも悪くも
 それを招いたのは自分なのです。


 石川さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・聞き手が求めているのは
 「格好いいあなた」ではなく、
 あくまで内容なのです(p21)


・彼は全ての漢字にふりがなをふっていたのです(p61)


・自己PR・・・一番のポイントは、
 自分がこれまで取り組んできた仕事経験を
 次の会社でどのように活かすことができるかを、
 可能な限り具体的に話し、
 説得力を持って伝えることです(p90)


・大切なところはゆっくり声を大きく、
 そうでないところは普通のスピードで声を大きく・・・
 「間」がなく話し続けると、
 話す側も聞く側も疲れるでしょう・・(p58)


・聞き取れないというのは、聞き手にとっては
 相当のストレスになります。(p123)


第一声が勝負!(p137)


人前で5分以上自信を持って話せる方法
石川 光太郎
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
売り上げランキング: 12,187

【私の評価】★★★☆☆(77点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

序章 人前であがってしまうあなたに
第1章 きちんと準備をする 準備って何?
第2章 少しの工夫で磨かれる
第3章 話を聞き出すインタビューのコツ
第5章 わかりやすく伝える練習
終章 何よりも大切にしたいこと


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)