「パリジェンヌ流おしゃれな自分革命」ドラ トーザン

| コメント(0) |

パリジェンヌ流おしゃれな自分革命

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■NHKテレビ「フランス語会話」の
 ドラ・トーザン女史の一冊。


 フランス人の恐るべき
 個人主義がよくわかります。


 仕事があっても定時帰宅は当たり前
 仕事があっても2週間のバカンスは当たり前。
 仕事があってもデートを優先するのが
 当たり前なのです。


 だいたい、フランス語には、
 「がんばる」「我慢」という意味の 
 言葉がありません。


・「フランスの男性ってデートの約束があったら、
  残業断るってホント?」
 もちろんです!(p112)


■フランス人は、自分の意見を持って、
 議論することを重視します。


 以心伝心をよしとする日本とは、
 全く正反対。


 意見を言い合うことで、
 お互いをよく知ることができる。
 食事中もしゃべっている。


 この議論好きは、
 日本では想像できませんね。


・パリでは夕食の席でさかんに議論をします。
 食べるという作業の次に、議論は大切なもの。
 「il parle bien(あの人はほんとうによくしゃべる)」
 というのは、フランスではほめ言葉
なのですから(p177)


■日本人が外国に出て、最初の壁は
 この「議論する」というところなのかもしれません。


 自分の意見を主張していく。
 ケンカも辞さない。


 日本で「厚顔無恥」とされるような態度が
 海外では必要になるのでしょう。
 フランス人の自己主張はすごいな、
 と感じました。


 一方で、
 外国人から見れば、天変地異があっても、
 耐え忍ぶ日本人は驚きなのでしょう。


 ドラさん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「自分自身がブランド」と思えば、
 おしゃれも個性的になる(p38)


・嫌な伴侶と一緒にいるよりは、
 ひとりでいたほうがいい(p51)


・フランスでは、男女を問わず、独身者の
 三分の二は誰かと一緒に暮らし、残りは
 誰とも同居することなく、ひとりで生活しています(p66)


・「何がしたいか」「自分の好きなことは何か」が
 わからなくなってきたら要注意。
 心と体が疲れている証拠です。(p160)


フランス人というのは、バカンスのために仕事をする人種
 だからバカンスの時期が一年でいちばん重要。・・・
 やはり2週間は続けてバカンスを取るのが理想です(p204)


・子育て中でも最低で1カ月に1回は夜遊びをする(p97)


・「シャンパンなどいかがですか」
 これはフランス人にとって特別な言葉のひとつです・・・
 次のステップに踏み出したいというメッセージ(p111)


パリジェンヌ流おしゃれな自分革命
ドラ トーザン
飛鳥新社
売り上げランキング: 341,049

【私の評価】★★★☆☆(77点)



■目次

1 自分のスタイルを見つける
2 自立する
3 男と女
4 もっと魅力的になる
5 強くなる
6 人生を豊かにする


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)