「黒字浮上!最終指令―出向社長奮斗の記録」猿谷 雅治

|

黒字浮上!最終指令―出向社長奮斗の記録

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■親会社のホープが
 赤字会社の社長に抜擢される。


 よくあるストーリーですが、
 実例から組み立てた本書は、
 実際と近いのではないでしょうか。


 最初に新任社長が目にするのは、
 やる気のない社員たちです。


 そして、会社の赤字の原因を
 他人のせいにする
 組織の長たち。


・この無表情、無気力の死んだような人びとを率いて、
 この会社を黒字にするのか。・・・
 できるのか、俺に。(p20)


■まず、やることは、
 仲間づくりでしょう。


 協力してもらえる
 側近を集めるのです。


 次は現状把握するための視察と、
 社員との面談です。


 この段階である程度の課題を
 把握し、打ち手を考えます。


・良いストロークを与えるようにすること。ある社長は
 現場巡回をするのだが、彼の歩いたあと、社員たちは
 やる気を失うと言われている。その社長は社員たちの
 仕事のミスをチェックし、文句を言って歩いたのである(p264)


■根本的に大切なのは、
 社長の熱意でしょう。


 この人は、本気なのか?
 また同じではないのか?


 そうした社員の疑念に対し
 社長の熱意が少しずつ、
 社員を動かしていくのです。


 朝礼での会社の方針説明、結果報告、
 環境改善、コスト削減、品質向上、
 販売価格改定・・・
 

 こうしたあらゆる手を打って、
 やっと会社は変わりはじめます。


■こんなに簡単に会社が変わるものか・・・
 それは難しいことでもあり、
 変わるときには本当に変わるのでしょう。


 経営というものの難しさ、
 素晴らしさ感じました。


 猿谷さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・今月はみなさんの掛け値なしのトコトンの
 力をためしてみたい。
 つまり当社の現状における瞬間最大風速を
 つかんでみたい。(p123)


・小グループに分けて突っ込んだグループ討議をする。
 テーマは「黒字浮上をより効率的に達成するために、
 社長、部長、課長たちに望むことと、
 自分の職場で何をやるか」である(p195)


黒字浮上!最終指令―出向社長奮斗の記録
猿谷 雅治
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 32231

【私の評価】★★★☆☆(75点)


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)