「仕事ができる人できない人」堀場 雅夫

|
仕事ができる人できない人
堀場 雅夫
三笠書房
売り上げランキング: 86903

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■堀場製作所といえば、pH計から出発し、
 売り上げ高1000億円の優良会社です。


 ROEは10%。
 ぼほ無借金で資本が500億円もある。


 この堀場製作所の創業者の哲学が、
 この本です。


・まず、どんな小さなジャンル、分野でもいい、
 とにかく自分がそこで「一番」になることを
 目指すのだ。(p222)


■堀場さんがこだわるのは、
 創業者らしくアイデアです。


 いかに良いアイデアを出すのか。


 そしてそれをいかに商品化するのか。


 そこに堀場製作所の命運がかかっており、
 それに成功したからこそ
 今があるのでしょう。


・オモチャのアイデアもさることながら、
 そのアイデアを低価格で実現してみせるという生産技術に感心する。
 ラジコンも安いものになると八千円くらいで売っているが、
 もしあれをわが社で生産すれば十万円の定価になってしまう(p78)


■創業者というものは、
 やはり個性的だと思いました。


 個性的といっても、
 正しく個性的。


 正しくなければ
 生き残れない。


 個性的でなければ、
 創業する意味がない。

 という感じでしょうか。


 堀場さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アイデアの源泉・・・
 私はどうやればうまくいかないか、をまず考えるのです。
 そして、うまくいかない方法がわかったなら、
 その逆を提案します。(p66)


・人の発言やアイデアを否定すること自体はおおいにけっこうだが、
 否定するなら、その根拠、代案を明確にしなければならない。・・
 代案のない反対は言いがかりというものである(p140)


・運に関してはこう考えるのだ。
 「運は努力の先にあって、
  それを手にすることができるのは、
  努力した人間だけである」と。(p203)


・リーダーたる者は、自分の人生観を
 つねにオープンにしておく義務がある。・・・
 「自分はこういう考え方をする」ということを示すのである。・・・
 人間は「哲学」に始まり「哲学」に終わる。(p232)


仕事ができる人できない人
堀場 雅夫
三笠書房
売り上げランキング: 86903

【私の評価】★★★☆☆(77点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)