「人間ものがたり―石器時代から現代までのわたしたちの歴史」ジェイムズ・C. デイヴィス

|

人間ものがたり―石器時代から現代までのわたしたちの歴史

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■歴史というものは試験がないと、
 おもしろいものです。


 当時の人間は必死に生きていたのでしょう。
 そして結果としての歴史が残ります。


 こうして歴史を俯瞰してみると、
 人間はいろいろと間違いを犯しながら、
 発展しているということです。


■いろいろと問題はありますが、
 21世紀も人間はより良くなっていくはずです。


 ただ、小さな事故、戦争は
 なくならないかもしれませんが。


 デイビスさん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・十字軍・・・ヨーロッパ人が貪欲でこわいもの知らずで、
 いつでも神が自分たちの味方をしてくれると
 思いこんでいたことだけは、はっきり証明された。
 このような民族がいずれは
 世界征服をもくろむのだろう。(p183)


・スペイン人はすばらしい土地を征服し、
 戦争や伝染病の犠牲にならずに生き延びた
 先住民を奴隷にした。
 そして彼らをこき使って
 死ぬまで銀鉱で働かせ、
 彼らの信仰をつぶそうとし、
 みじめな暮らしを強いた。(p246)


・賛美歌『アメイジング・グレイス』を書いたイギリス人、
 ジョン・ニュートンも、そういった
 奴隷船船長のひとりだった(p296)


・産業革命前の生活水準は
 どこの国でも低かった(p321)


・経済力のある乗っ取り屋の帝国は、
 "後進国"の人々に神と幸福を
 与えてやるのだと主張した。(p355)


・第一次世界大戦・・・
 だれもが、数週間で決着がつくと思っていた(p383)


・日本はすでに韓国を併合し、
 中国の東部地域と台湾を占領していた。
 しかし第二次世界大戦前夜、
 日本の首脳はさらに多くを望んでいた。(p448)


・広島以降、人々は、
 あの原爆投下は正しかったのかと
 問い続けてきた。(p462)


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)