本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「風待ちのひと」伊吹 有喜

(2011年12月20日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

([い]4-1)風待ちのひと (ポプラ文庫)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■またまた週末のリラックスタイムからの
 ご紹介です。
 哲司は40歳の銀行マン。


 妻は証券会社に勤めるキャリアウーマンで、
 浮気をしているらしい。


 妻の給料のほうが自分より多いためか、
 浮気のためなのか、
 哲司は会社に行くことができなくなった。


 哲司は最近、亡くなった母の実家に
 逃げるようにやってきたのだ。


■貴美子は、一人身の美容師。40歳。
 気立てがいい子なのだが、
 男運がない。


 前の夫は騙された借金で荒れまくり、
 そのまま出て行って亡くなった。
 子どもも海の事故で亡くなる。


 今は、ペコチャンと呼ばれ
 一人で生きている。


■こんな二人が出会うと
 やはり恋愛になる。


 クラッシックに造詣の深い男にも、
 おいしい料理が必要なのだ。
 そして笑顔が。


 哲司は離婚し、貴美子を東京に呼ぶ。
 しかし、貴美子はいなくなってしまう。


 自分が幸せになっていいのか、
 哲司と釣り合うのか不安だったのだ。


 最後はハッピーエンドですが、
 途中、幸せから逃げる貴美子には
 イライラ。
 「人は幸せになるために生きている」のに。


 小説ですから、
 こういうストーリーに
 なるのでしょう。


 純粋に小説としてなら★4つ。


 伊吹さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「・・・心のバランスが崩れるなんて・・モヤシだな」
 「モヤシでも雑草でもバラでも、
 へたるときはへたるよ」(p96)


風待ちのひと (ポプラ文庫)
伊吹 有喜
ポプラ社 (2011-04-06)
売り上げランキング: 6860

【私の評価】★★★☆☆(77点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: