「ブラック社員がこんなに!動く 佐川急便の『マネジメント』」大重 寛

| コメント(1) |
ブラック社員がこんなに!動く 佐川急便の『マネジメント』
大重 寛
東邦出版
売り上げランキング: 58468


【私の評価】★★★★☆(82点)


■佐川急便で20年間勤め上げた
 大重さんの思い出の一冊です。

 佐川急便というと東京佐川急便汚職事件で
 政治家と暴力団との関係という印象ですが、
 現場は関西企業らしく気合の入った社風のようです。


 一例として新人研修は、
 餃子の王将と同じような
 本気の決意表明を行ないます。

 徴兵制のなくなった日本では、
 学生に気合を入れるには
 良い研修かもしれません。


・新人研修・・・決意表明については、
 昔は基準として涙を流さなかったら合格にはなりませんでした。
 それくらい本気でやらないといけなかったのです。(p28)


■他の宅配業者も似たようなものだと思いますが、
 実力のないやつは辞めていく、という
 実力の世界です。

 著者と一緒に入った10人のうち
 残ったのは著者一人。


 それだけ厳しい職場で
 耐えられる人というのは
 辞められない事情があるのです。

 給料が良い分、
 借金返済(中には起業の資金集め)のために
 根性で働く人が多かったようです。


 そうしたブラック社員を統率していくのは、
 シバキもありますが、
 基本的には心と心の通じ合いと
 理解しました。

 ヤクザの息子でも叱り、
 引っ張っていくくらいの人間的な
 魅力が必要なのです。


・社内の人間か、お客さんか、家族か、友達かわからんけど、
 誰かは見ているから、自分が正しいと思ったことは前向きに
 頑張っておけ。男は我慢が必要や。俺らはおまえのことを
 見てやってるから心配するな。
 度が過ぎたら俺が言ったるから辛抱して頑張れ(p86)


■佐川急便は、やはりすごい会社だった、
 と理解できました。

 そうした職場で生き残った人が、
 佐川急便を動かしている。

 それが、
 佐川急便の躍進の源泉の
 一つだったのでしょう。

 大重さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・新人研修・・・バスが走り出すと同時に大音量のBGMが
 流れます。それは佐川急便の社歌でした。・・・
 全員で合唱すること1時間。私は感じました。
 1分足りとも時間を無駄にせえへん会社やな・・(p22)


・悪い報告ほど先にしろ。
 物事の優先順位をつけられないのは、管理職じゃない。
 正しい判断力を養え(p70)


・仕事に関するケンカは、いくらやってもええ、
 お互いが一生懸命にやっているからこそ、
 議論になるんや。その後は一緒に飲みに行って、
 サウナ浴びて終わりじゃ!(p83)


・円型で朝礼を行う理由はたったひとつ。
 部下全員の顔色を見るためです。
 40人もいるといろんな表情を観察できます。(p110)


・社内イベントと自己申告書と家庭訪問。
 私はこの3つをコミュニケーションの
 三種の神器と呼んでいます(p134)


ブラック社員がこんなに!動く 佐川急便の『マネジメント』
大重 寛
東邦出版
売り上げランキング: 58468


【私の評価】★★★★☆(82点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)